会員登録(無料)
ログイン
スキルアップは今すぐこちら!▶

【予実管理(よじつかんり)とは?】予実管理の流れや予実分析について

Marketing(マーケティング)
この記事は約2分で読めます。

今回は「予実管理(よじつかんり)」についてご紹介していきます。

予実管理(よじつかんり)とは?

予実管理(よじつかんり)とは、「予算」と「実績」を管理した手法です。プロジェクトや作業の予算状況や実績(売上等)を管理するための方法の一つです。プロジェクトを進める上で、予定していた作業と実際に行われた作業や成果を比較して進捗状況を確認し、必要であれば調整を行うことを意味します。

予実管理の流れは以下のようになります。

  1. 予定を立てる
  2. 作業を実施する
  3. 予実データを収集する
  4. 予実データを分析する
  5. 調整を行う

順番に見ていきます。

1.予定を立てる

「予定を立てる」
プロジェクトや作業の計画を作成し、予定を立てます。

2.作業を実施する

「作業を実施する」
予定した作業を実施します。

3.予実データを収集する

「予実データを収集する」
作業が実施された日時や、作業に要した時間などを収集します。

4.予実データを分析する

「予実データを分析する」
予定と実際に行われた作業を比較して、プロジェクトの進捗状況を確認します。

5.調整を行う

「調整を行う」
予実分析の結果に基づいて、プロジェクトの進捗状況を調整するための対策を講じます。

まとめ

予実分析は、予実データをもとにプロジェクトの進捗状況を確認することを意味します。予実データから、プロジェクトの予算に対して実績がどのくらいの状況になっているかを確認することができます。

予実分析の結果をもとに、プロジェクトを再計画することで、プロジェクトの進捗状況を改善することができます。

タイトルとURLをコピーしました