会員登録(無料)
ログイン
スキルアップは今すぐこちら!▶

加算代入演算子 (+=)とは?【JavaScript】

JavaScript(ジャバスクリプト)
この記事は約1分で読めます。

加算代入演算子 (+=)とは?

加算代入演算子(+=)は、変数に対して値を加算するための演算子です。

以下のように使用します。

変数 += 値

加算代入演算子の実行例

例えば、下記のようなプログラムを実行したとします。

下記のようなコードを実行すると、x の値は 8 という結果になります。

x = 5 
x += 3

下記のようなコードを実行すると、x の値は 25 という結果になります。

x = 5 
x += 20

x = 5
x = x + 20

この省略形と考えてみると、分かりやすいかと思います。

まとめ

同じように、減算代入演算子(-=)や乗算代入演算子(*=)、除算代入演算子(/=)、剰余代入演算子(%=)などもあります。

タイトルとURLをコピーしました