会員登録(無料)
ログイン
スキルアップは今すぐこちら!▶

【WEBライティング】コピーライティング 「BDF」とは?見込み客リサーチによってまだ見ぬお客様を発見するマーケティング手法

Marketing(マーケティング)
この記事は約2分で読めます。

コピーライティングの「BDF」とは

BDFとは、Belief(ビリーフ)、Desire(デザイア)、Feeling(フィーリング)の頭文字をとったもので、顧客が「信じていること」「望んでいること」「感じていること」を表したものです。

Belief(ビリーフ)…信じていること。

商品やサービスに対して考えていること、信じていること、固定概念といった部分が「Belief(ビリーフ)」です。

「この商品を試しても痩せなかった」
「この節約術を試してもお金が貯まらなかった」
「学ぼうとしたけど習得できなかった」

※写真はイメージです。

など、「○○とは○○である」「○○しようとしたけど○○だった」といった、言わば固定概念のような考え方。これらは「信じていること」です。本当は方法があるはずかもしれないものをできないというトリガーが掛かっている状態です。

Desire(デザイア)…望んでいること。

商品やサービスに求めていることや望んでいることが「Desire(デザイア)」です。

※写真はイメージです。

どうなりたいかという欲求を考えることで、その欲求を叶えるにはどうすればいいのか?が見えてくるかもしれません。

Feeling(フィーリング)…感じていること。

「Feeling(フィーリング)」とは、あなたの商品やサービスに対する感情や心理状態のことです。

「面白そう」
「美味しそう」
「やってみたい」

※写真はイメージです。

といった、欲望や願望の感じている感情です。

なぜ「BDF」が必要なのか

見込み客と自分の価値観を近づけることは大事なポイントになります。その際に、「信じていること」「望んでいること」「感じていること」をイメージすることが、WEBライティングの効果を高めるポイントになります。

もし、これらの3つのポイントをつかみ取り、課題解決の提案を提示できれば、あなたの商品やサービスに対する価値や期待感は一気に高まることになるはずです。

※写真はイメージです。

まとめ

BDFを意識してマーケティングに活用すれば、WEBライティングや集客に役立てることができます。

自分にとっての、顧客にとっての、BDFとはなにか…?

ぜひ考えてみましょう😃

タイトルとURLをコピーしました