スキルアップを始める!

ラウンドロビン(Round-Robin) とは?順番に割り振る前提条件

Marketing(マーケティング)
\ワードプレスのスキルアップはこちら!/ WordPress入門読本

ラウンドロビンとは、コンピューティング、特にプロセススケジューリングの文脈でよく使用される用語であり、競技スポーツのトーナメント形式を指す場合もあります。この用語の前提条件は、その文脈によって異なりますが、一般的な前提条件を以下に示します。

コンピューティング(プロセススケジューリング)の文脈でのラウンドロビン

ラウンドロビンスケジューリングは、オペレーティングシステムがプロセスを管理する方法の一つであり、各プロセスが公平にCPU時間を受け取るように設計されています。この文脈での前提条件は以下の通りです。

  1. プロセスのリストまたはキュー:システムがスケジューリングするプロセスのセットが存在します。
  2. タイムクォンタム(時間割り当て):各プロセスがCPUを使用する固定時間。タイムクォンタムが短すぎると、コンテキストスイッチのオーバーヘッドが増大し、長すぎるとラウンドロビンの利点が減少します。
  3. プリエンプション:プロセスがタイムクォンタムを使用し終わったら、オペレーティングシステムが強制的にCPUを次のプロセスに切り替えることができる機能。
  4. コンテキストスイッチ:CPUが異なるプロセス間で切り替える際に、プロセスの状態(コンテキスト)を保存および復元するメカニズム。
  5. 公平性:すべてのプロセスが等しい時間で処理されることが期待されますが、リアルタイム処理や優先度に基づく処理が必要な場合は、この原則が調整されることがあります。

スポーツのトーナメント形式としてのラウンドロビン

ラウンドロビン形式のトーナメントでは、各参加者(またはチーム)が他のすべての参加者と少なくとも一度は対戦します。この文脈での前提条件は以下の通りです。

  1. 参加者のリスト:トーナメントに参加する個人またはチームのセット。
  2. 全員対戦:各参加者が他のすべての参加者と対戦するスケジュールが組まれます。
  3. ポイントシステムまたは勝敗記録:勝利、敗北、引き分けに基づくポイントシステムが存在し、最終的なランキングや勝者を決定します。
  4. スケジュールとタイムテーブル:全試合を実施するための明確なスケジュールが必要です。

まとめ

これらの前提条件は、ラウンドロビンが適用される具体的な文脈やルールによって、細かい点で変更されることがあります。

URLをコピーしました!