お問い合わせ
    氏名

    メールアドレス

    件名

    お問い合わせ内容



    会員登録(無料)
    ログイン
    WordPressのスキルアップ!▶

    【PremierePro入門】タイムラインの左側のアイコンについて|「ソースシーケンスのパッチ」とは

    PremierePro(プレミアプロ)
    この記事は約2分で読めます。
    「ワードプレスで未来を変える!」
    誰でも挑戦できます!!
    【未経験挑戦可!】スキルアップしたい!WordPressに挑戦したい!何かに挑戦して未来を変えたい!という方をお待ちしています↓↓

    ソースシーケンスのパッチ

    「ソースシーケンスのパッチ」を上手く使うと、編集する際のフッテージ(素材)挿入が楽になります。

    まずは、新規シーケンスを作成します。

    まずは、フッテージをプロジェクトパネルに読み込みます。

    そうすると、タイムラインの左側に「V1」「A1」という表示が出ます。

    挿入や上書きを行うソースのバッチ

    これが「挿入や上書きを行うソースのパッチ」と呼ばれる表示です。

    フッテージをインサートしたとき、この「挿入や上書きを行うソースのパッチ」のトラックにフッテージが挿入されます。

    例えば、「挿入や上書きを行うソースのパッチ」をV3に移動したとき。

    フッテージをインサートすると、映像データはトラック「V3」に挿入されます。

    同様に、オーディオのトラックをずらすと、「挿入や上書きを行うソースのパッチ」で指定したトラックに挿入されます!

    ソースのバッチが非表示の場合

    この挿入や上書きを行うソースのパッチが非表示になっている場合。

    非表示側(この場合は音声トラック)はドラッグアンドドロップしてもデータが入りません。この場合は、映像データのみが入ります。

    V1が非表示の場合は、音声データのみが入ります。

    ちょっとしたテクニックですが、覚えておくと役に立つかと思います!

    ご参考下さい(^o^)/

    タイトルとURLをコピーしました