スキルアップを始める

「noindex」タグとは?設定方法・noindexタグの書き方と注意点について

SEO(検索エンジン最適化)
メルマガ購読できます

簡単1ステップ!届いたメールの「フォローを確認」クリックでメルマガ登録!一緒にスキルアップを目指しましょう!

57人の購読者に加わりましょう

「noindex」とは?

「noindex」とは、ウェブページにおいて検索エンジンによるインデックス(索引)作成を防ぐための指示です。

この指示を使用すると、特定のウェブページが検索エンジンの検索結果に表示されなくなります。

一般的に、noindexはプライバシーのために個人情報を含むページや、一時的なコンテンツを持つページなど、インデックスに含めたくないページに適用されます。

noindexタグの書き方

noindexタグの書き方と注意点について説明します。

HTMLのメタタグを使用する方法: ウェブページのHTMLコード内で、以下のように「<meta>」タグを追加します。

<meta name="robots" content="noindex">

このタグは、検索エンジンに対してこのページをインデックスしないように指示します。

robots.txtファイルを使用する方法: ウェブサイトのルートディレクトリに「robots.txt」というファイルを作成または編集します。そして、以下のように記述します。

User-agent: * Disallow: /このページのURL/

この方法は、特定のページではなく、ウェブサイト全体に対してnoindexを設定します。

ウェブクローラー(検索エンジンのボット)は、robots.txtファイルを読み取り、指定されたURLをインデックスしないようにします。

noindexタグの注意点

noindexを設定する場合、注意深くページを選択し、不要なページをインデックスから除外することが重要です。誤って重要なコンテンツを非表示にしてしまうと、トラフィックや検索エンジンの可視性に悪影響を与える可能性があります。

noindexを使用する場合、定期的にページの状態を確認し、必要に応じて変更や削除を行うことが良いです。

noindexを設定しても、ウェブクローラーがページを訪問し、リンクをたどることはあります。したがって、重要な情報が含まれている場合は、適切なセキュリティ対策を施すことが重要です。

まとめ

noindexを適切に使用することで、ウェブページのインデックスをコントロールし、ユーザーに適切な情報を提供するのに役立ちます。

会員登録するとご利用できます。
Kindle Unlimited 会員は無料で購読できます
購読はこちら
Kindle Unlimited 会員は無料で購読できます
購読はこちら