お問い合わせ

    氏名

    メールアドレス

    件名

    メッセージ本文



    763万 キーワード

    2021年 検索パフォーマンス

    57.8万 人が訪問

    2021年 訪問ユーザー数

    WordPressのスキルアップはこちら!▶[click]
    いま、どうしてる? 誰でも検索できます

    【WordPress】スパムメール・迷惑メール対策「reCAPTCHA」設定方法!Contact form 7 編

    WordPress(ワードプレス)
    この記事は約2分で読めます。
    「ワードプレスで未来を変える!」
    誰でも挑戦できます!!
    【未経験挑戦可!】スキルアップしたい!WordPressに挑戦したい!何かに挑戦して未来を変えたい!という方をお待ちしています↓↓

    ブログやコーポレートサイトに便利なお問い合わせプラグインの「Contact form 7」などを使ってお問い合わせフォームを設置した際に困る問題が「スパムメール・迷惑メール」の大量発生問題です。

    件名・本文が全部英語…明らかにスパムメール…。

    設置して数時間〜数日すると、途端に迷惑メールが届くようになり、止まらなくなります。そのような時にはGoogleの「reCAPTCHA」がおすすめです。

    reCAPTCHAの設定をすると、このような表示がされます。WEBサイトを開いた時によく表示されている、あれです。

    Contact form 7に「reCAPTCHA」を導入する手順

    まずは、こちらのページにアクセスします。

    reCAPTCHA
    reCAPTCHA is a security service that protects your websites from fraud and abuse.

    上部の「v3 Admin Console」にアクセスします。

    ドメインの設定とv2かv3かを選択する設定画面になりますので、理由がなければ新しい方のv3を選択しておきましょう。

    あとは、利用条件に同意して送信すると、キーが発行されます。

    キーが発行されました!この「サイトキー」と「シークレットキー」をそれぞれ控えておきます。

    Contact form 7にreCAPTCHAを設定する

    Contact form 7にreCAPTCHAを設定します。「お問い合わせ」>「インテグレーション」を開きます。

    下の方に「reCAPTCHA」という設定がありますので「インテグレーションのセットアップ」をクリックします。

    あとは、それぞれのキーを貼り付けして保存すれば、設定完了です。

    reCAPTCHAが設定されました!

    これで、reCAPTCHAの設定が完了しました!うまく設定できている場合は、画面の下の方に「reCAPTCHA」のアイコンが表示されるようになります。

    これで、自動送信されるスパムメールが届かないようになります…!Google先生、ありがとうございます。

    まとめ

    Contact form 7に「reCAPTCHA」を導入する手順ですが、設定方法は、やってみると簡単にできるかと思います。

    お問い合わせフォームを設置するとスパムメールはどうしても届いていましますので、reCAPTCHAを使って防いでもらいましょう。

    ご参考ください😃

    Loading
    タイトルとURLをコピーしました