会員登録(無料)
ログイン
スキルアップは今すぐこちら!▶

【WordPress】Googleしごと検索(Google for Jobs)に求人を掲載する方法part1【フィールド作成編】

WordPress(ワードプレス)
この記事は約7分で読めます。

Googleしごと検索に求人情報を掲載するためには、決められたフォーマットや構造化されたページを作成して準備する必要があります。Googleしごと検索に求人情報が掲載されると、仕事を探している応募者を呼び込める可能性が高まっていきます。まずはGoogleしごと検索(Google for Jobs)の構造とカスタムフィールドを作る方法をご紹介してきます。

つづきはpart2

Googleしごと検索(Google for Jobs)とは?

「Googleしごと検索(Google for Jobs)」とは、2019年1月から日本でサービス開始されたGoogleの求人情報サービスです。構造化されたページを用意して公開すると、Googleの検索結果画面に表示される仕組みになっています。

求人情報に構造化データを追加する
JobPosting 構造化データを求人情報のウェブページに追加すると、求職に関するエクスペリエンスを向上させることができます。構造化データの追加により、求人情報を Google 検索結果に表示して、特別なユーザー エクスペリエンスを提供できるようになります。また、サードパーティの求人サイトを利用して、Google に統合することも可能です。

https://developers.google.com/search/docs/advanced/structured-data/job-posting?hl=ja

構造化データを作れる便利なツールを作ってくださっている方もいたので、ご参考ください。

Google しごと検索(Google for Jobs)構造化データ作成ツール

WordPressのカスタムフィールドを利用する

こちらのブログでも何度も登場している「カスタムフィールド」を使うことで、ページを構造化させることができます。構造化というと難しく聞こえますが、ページに求人情報の一覧を表示させるために決められたフォーマットに沿って情報を登録するイメージです。

これを、通常の投稿機能で作成すると毎回構造を整えるのが大変なので、カスタムフィールドを使って投稿のフォーマットを作って、順番に入れられるような仕組みにしていきます。

どういう意味…?という方は、まずは「カスタムフィールド」の仕組みから順番に覚えたほうがよいですので、過去の記事を参考にスキルアップください😃

Advanced Custom Fieldsプラグインを使う

以前もご紹介させていただいた「Advanced Custom Fieldsプラグイン」を利用します。プラグインを有効化すると、独自のカスタムフィールドを作成できるようになります。

Googleしごと検索用のフィールドを作成する

Googleしごと検索に必要な各フィールドを順番に作成していきます。フィールド名は「Googleしごと検索」としています。

Googleしごと検索の有効化

  • フィールドラベル…Googleしごと検索の有効化
  • フィールド名…activation
  • フィールドタイプ…チェックボックス
  • 必須か?…いいえ
  • 選択肢…yes : する
  • 返り値…Value

職務名

  • フィールドラベル…職務名
  • フィールド名…jobTitle
  • フィールドタイプ…テキスト
  • 必須か?…はい

会社名

  • フィールドラベル…会社名
  • フィールド名…companyName
  • フィールドタイプ…テキスト
  • 必須か?…はい

サイトURL

  • フィールドラベル…サイトURL
  • フィールド名…siteUrl
  • フィールドタイプ…URL
  • 必須か?…いいえ

ロゴ画像URL

  • フィールドラベル…ロゴ画像URL
  • フィールド名…logoimage
  • フィールドタイプ…URL
  • 必須か?…いいえ

郵便番号

  • フィールドラベル…郵便番号
  • フィールド名…postalCode
  • フィールドタイプ…数値
  • 必須か?…はい

都道府県

  • フィールドラベル…都道府県
  • フィールド名…addressRegion
  • フィールドタイプ…テキスト
  • 必須か?…はい

市区町村

  • フィールドラベル…市区町村
  • フィールド名…addressLocality
  • フィールドタイプ…テキスト
  • 必須か?…はい

町名以降

  • フィールドラベル…町名以降
  • フィールド名…streetAddress
  • フィールドタイプ…テキスト
  • 必須か?…はい

給与額の設定

  • フィールドラベル…給与額の設定
  • フィールド名…setValue
  • フィールドタイプ…ラジオボタン
  • 必須か?…はい
  • 選択肢…basic : 基本給で指定
  • 選択肢…min_max : 最低額・最高額で指定
  • 返り値…Value

基本給の額

  • フィールドラベル…基本給の額
  • フィールド名…basicValue
  • フィールドタイプ…数値
  • 必須か?…いいえ
  • 条件判定…はい
  • 給与額の設定>Value is equal to 基本給で指定

最低額

  • フィールドラベル…最低額
  • フィールド名…minValue
  • フィールドタイプ…数値
  • 必須か?…いいえ
  • 条件判定…はい
  • 給与額の設定>Value is equal to 最低額・最高額で指定

最高額

  • フィールドラベル…最高額
  • フィールド名…maxValue
  • フィールドタイプ…数値
  • 必須か?…いいえ
  • 給与額の設定>Value is equal to 最低額・最高額で指定

時間の単位

  • フィールドラベル…時間の単位
  • フィールド名…unitText
  • フィールドタイプ…ラジオボタン
  • 必須か?…いいえ
  • 選択肢…MONTH : 1ヶ月あたり
  • 選択肢…DAY : 1日あたり
  • 選択肢…HOUR : 1時間あたり
  • 選択肢…WEEK : 1週あたり
  • 選択肢…YEAR : 1年あたり

雇用形態

  • フィールドラベル…雇用形態
  • フィールド名…employmentType
  • フィールドタイプ…ラジオボタン
  • 必須か?…いいえ
  • 選択肢…FULL_TIME : フルタイム
  • 選択肢…PART_TIME : パートタイム、アルバイト
  • 選択肢…CONTRACTOR : 個人請負
  • 選択肢…TEMPORARY : 派遣
  • 選択肢…INTERN : インターン
  • 選択肢…VOLUNTEER : ボランティア
  • 選択肢…PER_DIEM : 日雇い
  • 選択肢…OTHER : その他
  • 返り値…Value

詳細説明

  • フィールドラベル…詳細説明
  • フィールド名…description
  • フィールドタイプ…Wysiwygエディタ
  • 必須か?…はい
  • タブ…ビジュアル&テキスト
  • ツールバー…Full
  • メディアアップロードボタンを表示するか?…はい

求人の有効期限

  • フィールドラベル…求人の有効期限
  • フィールド名…validThrough
  • フィールドタイプ…テキスト
  • 必須か?…いいえ

カスタムフィールド完成

これでカスタムフィールドが完成しました!まとめるとこのような感じになっています。

順序ラベル名前タイプ
1Googleしごと検索の有効化activationチェックボックス
2職務名 *jobTitleテキスト
3会社名 *companyNameテキスト
4サイトURLsiteUrlURL
5ロゴ画像URLlogoImageURL
6郵便番号 *postalCode数値
7都道府県 *addressRegionテキスト
8市区町村 *addressLocalityテキスト
9町名以降 *streetAddressテキスト
10給与額の設定 *setValueラジオボタン
11基本給の額basicValue数値
12最低額minValue数値
13最高額maxValue数値
14時間の単位unitTextラジオボタン
15雇用形態employmentTypeラジオボタン
16詳細説明 *descriptionWysiwyg エディタ
17求人の有効期限validThroughテキスト

こちらのカスタムフィールドを使って、Googleしごと検索(Google for Jobs)に求人を掲載するための仕組みを作っていきます。

ちなみに、最低限必要な構造化データのプロパティは下記のようです。

  • datePosted(投稿日)
  • validThrough(掲載終了日)
  • title(職種)
  • description(募集内容)
  • jobLocation(勤務地)
  • hiringOrganization(企業情報)

まとめ

ということで、ひとまずカスタムフィールドの準備までが完成しました。こちらのフィールドを使って、次に掲載するための仕掛けを作ってきます。

長くなりましたので、続きはまた後編にて😃

タイトルとURLをコピーしました