スキルアップを始める

ワードプレス初心者必見!ブログカード(リンクカード)プラグイン4選と設定方法

WordPress(ワードプレス)
メルマガ購読できます

簡単1ステップ!届いたメールの「フォローを確認」クリックでメルマガ登録!一緒にスキルアップを目指しましょう!

57人の購読者に加わりましょう

今回は、ブログカード(リンクカード)プラグインについてご紹介していきます。

ブログカード(リンクカード)とは?

ブログカード(リンクカード)とは、Webサイト上で他のWebページへのリンクを表示する際に、そのリンク先のWebページのタイトル、概要、画像などを抽出して、美しく装飾されたカードの形で表示する仕組みです。

例えば、自分のブログ記事で他のWebページを紹介したい場合、そのWebページへのリンクを挿入するだけでなく、そのWebページの情報をカードの形で表示することができます。このカードは、通常はタイトル、画像、および概要から構成され、しばしばWebページのプレビューとして機能します。

ブログカードは、SNSやメッセージングアプリなどでも広く使用されており、リンク共有をより魅力的かつ分かりやすくするために使用されます。また、SEOにも役立ちます。なぜなら、ブログカードには、リンク先のWebページのタイトル、説明、および画像が表示されるため、それらが検索エンジンによってインデックスされることで、より多くのトラフィックが得られる可能性があるからです。

WordPressでリンクカードを表示するプラグイン

WordPressでリンクカードを表示するプラグインとしては、以下のようなものがあります。

Yoast SEO

Yoast SEO: Yoast SEOは、SEOを最適化するためのプラグインですが、その一部として、リンクカードを生成する機能を備えています。リンクを投稿する際に、自動的にリンクカードが生成され、タイトル、説明、および画像が表示されます。

EmbedPress

EmbedPress: EmbedPressは、さまざまな種類のリンクカードを作成することができるプラグインです。YouTube、Twitter、Facebook、Vimeoなどのリンクカードを自動的に生成するだけでなく、独自のリンクカードを作成することもできます。

WPSSO

WPSSO: WPSSOは、Open GraphメタデータやTwitter Cardsなどのメタデータを管理するためのプラグインですが、リンクカードの生成もサポートしています。リンクを投稿すると、リンクカードが生成され、タイトル、説明、画像が表示されます。

Visual Link Preview: Visual Link Previewは、リンクを投稿する際に、プレビュー画像やタイトル、説明などを自動的に生成するプラグインです。プラグインは、オプション設定で、表示される情報を調整することもできます。

まとめ

以上のようなWordPressのリンクカードを表示するプラグインがあります。それぞれの特徴や機能を比較し、必要に応じてプラグインを選択することができます。

会員登録するとご利用できます。
Kindle Unlimited 会員は無料で購読できます
購読はこちら
Kindle Unlimited 会員は無料で購読できます
購読はこちら