スキルアップを始める

【WordPress(ワードプレス)】スパムメールを無くすreCAPTCHA(リキャプチャ)の設定方法(Contact Form 7)

WordPress(ワードプレス)
メルマガ購読できます

簡単1ステップ!届いたメールの「フォローを確認」クリックでメルマガ登録!一緒にスキルアップを目指しましょう!

スパム?らしき問い合わせが急増…?

お問い合わせに、延々と、スパム?らしき問い合わせが、急増…。

基本的にお問い合わせは受け付けていない(というよりほぼ無い)のですが、一応お問い合わせフォームらしきものは設置しています。

そのサイトのお問い合わせに名前とメールアドレスと件名が全部数字?連番??内容はほとんど英語?か良くわからない日本語の説明だけのメッセージが連続で・・・明らかにスパム・・・。

こういった時は、少しでも減らすためのスパム対策が必要です。

reCAPTCHA(リキャプチャ)とは

reCAPTCHA(リキャプチャ)とは?:ウェブサイトの制限エリアへのアクセスを試みるbot(ボット)から自分のWEBサイトを防御するためのGoogleの機能です。

導入するとサイトにこのようなバッジが表示されます。

reCAPTCHA を利用する

reCAPTCHA を利用するには、下記の2つの設定が必要です。

  • reCAPTCHA を使用するサイトの登録
  • reCAPTCHA のAPI キー取得

登録を進めていきます。

サイトの登録

recaptcha/admin/create

上記のURLから行うことができます。

まずは、ラベル(管理上の名称)とドメインを登録します。

reCAPTCHA タイプ

  • スコアベース(v3)スコアに基づいてリクエストを検証します
  • チャレンジ(v2)チャレンジを使用してリクエストを検証します

今回は、新しい方のv3を試します。

サイトキーとシークレットキー

設定を送信すると「サイトキー」と「シークレットキー」が発行されます。これらをWebサイトに設定していきます。

それぞれコピーして控えておきましょう。

インテグレーションのセットアップ

Contact Form7のお問い合わせ設定画面内、「インテグレーションのセットアップ」開きます。

reCAPTCHAで発行された「サイトキー」と「シークレットキー」をそれぞれ設定して保存すると、設定完了です。

サイト上に、reCAPTCHAのバッジが表示されました!

これでreCAPTCHAの設定が完了しました。

このような感じで、簡単にスパム問い合わせの対策を行うことができます。

まとめ

このようにして、reCAPTCHA「v3」を設定することで、スパムメールを減らすことができます。

ご参考下さい 。

Kindle Unlimited 会員は無料で購読できます
購読はこちら
Kindle Unlimited 会員は無料で購読できます
購読はこちら