スキルアップを始める

【WordPress】編集画面が開かない…?サイトが真っ白に…?PHPのバージョンを合わせる

WordPress(ワードプレス)
メルマガ購読できます

簡単1ステップ!届いたメールの「フォローを確認」クリックでメルマガ登録!一緒にスキルアップを目指しましょう!

57人の購読者に加わりましょう

WordPressの編集画面が開かない場合やサイトが真っ白になる場合、WordPressとPHPのバージョンを合わせることが解決策の一つとなります。以下の手順を試してみてください。

※必ず事前にサイトのバックアップを取得しておきましょう。

WordPressとプラグインの更新

WordPressとプラグインの更新: まず、WordPress自体と使用しているプラグインを最新バージョンにアップデートしてください。

WordPressダッシュボードにログインし、左側のメニューから「ダッシュボード」->「更新」を選択し、WordPressやプラグイン、テーマの更新を行います。

PHPバージョンの確認

PHPバージョンの確認: WordPressの正常な動作には、適切なPHPバージョンが必要です。PHPのバージョンを確認し、サポートされているバージョンと一致していることを確認してください。

適切なバージョンにアップデートする必要がある場合は、ホスティングプロバイダーに連絡してバージョンの変更を依頼してください。

PHPバージョンの変更

PHPバージョンの変更: ホスティングプロバイダーがPHPバージョンの変更をサポートしている場合、PHPのバージョンを一致させるために変更できます。

  • In WordPress 5.3: Added support for PHP 7.4 (dev note).
  • In WordPress 5.6: Added “beta support” for PHP 8.0 (dev note).
  • In WordPress 5.9: Added “beta support” for PHP 8.1 (dev note).
  • In WordPress 6.1: Added “beta support” for PHP 8.2 (dev note pending).
  • In WordPress 6.3:・・・

一般的には、ホスティングプロバイダーのコントロールパネルまたは設定でPHPバージョンを変更できます。

参考:エックスサーバーのPHP変更

PHPのバージョンについて | レンタルサーバーならエックスサーバー
レンタルサーバー「エックスサーバー」のご利用マニュアル|エックスサーバーでご利用可能なPHPのバージョンについてや、管理ツール上からPHPバージョンを切り替える方法についてご案内しています。

デバッグモードを有効にする

デバッグモードを有効にする: それでも解決しない場合は、エラーの原因を特定するために、WordPressのデバッグモードを有効にします。

wp-config.phpファイルを編集し、以下のコードを追加してください。

define('WP_DEBUG', true); 

これにより、エラーメッセージが表示され、問題の特定がしやすくなります。

※危険な作業になりますので操作にはご注意ください。

エラーログを確認する

エラーログを確認する: WordPressデバッグモードを有効にした場合、エラーメッセージはログに記録されます。

ホスティングプロバイダーのコントロールパネルまたはFTPを使用して、エラーログを確認し、具体的なエラーメッセージをチェックしてください。これにより、問題の特定がしやすくなります。

まとめ

上記の手順を試しても問題が解決しない場合、ホスティングプロバイダーのサポートに連絡し、より詳細なサポートを受けることを検討してください。

また、事前にサイトのバックアップを取得しておくことも重要です。続く。

参考:Make WordPress Core

PHP Compatibility and WordPress Versions
WordPress aims to support new versions of PHP on the day they are released as much as possible. As a project, the proces...
会員登録するとご利用できます。
Kindle Unlimited 会員は無料で購読できます
購読はこちら
Kindle Unlimited 会員は無料で購読できます
購読はこちら