スキルアップを始める

【GA4】Googleアナリティクスでの効果的な20の分析方法:基本から応用まで!

Googleアナリティクス
メルマガ購読できます

簡単1ステップ!届いたメールの「フォローを確認」クリックでメルマガ登録!一緒にスキルアップを目指しましょう!

57人の購読者に加わりましょう

Googleアナリティクスで効果的な分析方法には、以下のようなものがあります。

ゴールの設定

ゴールの設定:Googleアナリティクスで重要なのは、サイトやアプリに対して何を達成したいのかを明確にすることです。

例えば、商品の購入や問い合わせフォームの送信など、設定したいゴールを設定しておくことで、サイトの効果測定を行うことができます。

ユーザー行動の追跡

ユーザー行動の追跡:Googleアナリティクスでは、ユーザーがどのような行動をとっているかを追跡することができます。

ページビュー、セッション数、ユーザー数などの基本的な情報から、ページ別の滞在時間やコンバージョン率などの詳細な情報まで、幅広く分析することができます。

カスタムレポートの作成

カスタムレポートの作成:Googleアナリティクスでは、カスタムレポートを作成することができます。

例えば、自社の特定の製品やサービスのページの分析をしたい場合、その特定のページだけを含むレポートを作成することができます。

このようにして、重要な情報にフォーカスすることができます。

コンバージョンの最適化

コンバージョンの最適化:Googleアナリティクスでは、設定したゴールの達成率を向上させるための施策を立てることができます。

例えば、コンバージョン率が低いページを特定して改善する、広告キャンペーンのコンバージョン率を分析して改善するなどの施策が考えられます。

ページ別の分析

ページ別の分析:Googleアナリティクスでは、各ページの訪問数、滞在時間、直帰率、コンバージョン率などを分析することができます。

このようにして、ページごとの効果を把握し、改善のための施策を立てることができます。

ユーザー属性の分析

ユーザー属性の分析:Googleアナリティクスでは、ユーザーの属性情報(性別、年齢、地域、言語など)を把握することができます。

この情報をもとに、ターゲットユーザーを特定し、施策の効果を高めることができます。

マルチチャネル分析

マルチチャネル分析:Googleアナリティクスでは、複数のチャネル(検索エンジン、SNS、メール、広告など)を組み合わせたマーケティング活動の成果を評価することができます。

各チャネルごとの貢献度を把握し、最適な配分を決定することができます。

カスタムドメインの設定

カスタムドメインの設定:Googleアナリティクスでは、カスタムドメインを設定することで、特定のドメインにのみアクセスがあった場合のデータを集計することができます。

これにより、複数のドメインを利用している場合でも、正確なデータを把握することができます。

イベントトラッキングの設定

イベントトラッキングの設定:Googleアナリティクスでは、特定のイベント(ボタンクリック、動画再生など)の発生数やコンバージョン率を把握することができます。

これにより、ユーザーの行動をより詳細に分析し、改善のための施策を立てることができます。

コンバージョンフローの分析

コンバージョンフローの分析:Googleアナリティクスでは、コンバージョンまでの流れを可視化することができます。

ユーザーがどのページからどのページへ移動し、最終的にどのページでコンバージョンが発生したのかを把握することができます。

これにより、コンバージョン率の低下要因を特定し、改善のための施策を立てることができます。

セッションの分析

セッションの分析:Googleアナリティクスでは、セッション数、平均セッション時間、新規ユーザー数、再訪問ユーザー数などを分析することができます。

これにより、サイトのトラフィック状況を把握し、改善のための施策を立てることができます。

まとめ

Googleアナリティクスで効果的な分析方法の一例です。分析の目的に応じて、適切な分析方法を選択し、正確なデータを把握することが重要です。

しっかりとゴールを設定し、ユーザー行動を追跡しながら、自社にとって重要な指標にフォーカスして分析していきましょう。

会員登録するとご利用できます。
Kindle Unlimited 会員は無料で購読できます
購読はこちら
Kindle Unlimited 会員は無料で購読できます
購読はこちら