URLをコピーしました!
スキルアップを始める!

【MXレコードとは?】DNSレコードの基本

Domain(ドメイン)

MXレコードとは?

MXレコード」とは、送信した電子メールをどのメールサーバーに転送するか?を指定するレコードです。Mail Exchangerレコードの略称で「MXレコード」と呼ばれています。

ホスト名TTLclassTYPE優先VALUE
@abc.example.com3600INMX1mx01.abc.example.com
@abc.example.com3600INMX10mx02.abc.example.com

その他のDNSレコード

[rml_read_more]

その他にもDNSには様々なレコードがあります。

  • 「CNAMEレコード」Aレコードで定義されているドメインとは別名で定義するレコード。
  • 「MXレコード」メールの配送先を割り当てるレコード。
  • 「TXTレコード」テキスト情報を定義するレコード。
  • 「NSレコード」DNSサーバーを定義するレコード。
  • 「ALIASレコード」別名を定義するレコード。
  • 「SRVレコード」提供サービスの詳細情報を記述するためのレコード
  • 「DSレコード」Delegation Signer。親のゾーンに設定される子のゾーンのDNSKEYリソースレコードを参照するためのリソースレコード。
  • 「CAAレコード」登録されたドメイン名の証明書発行を許可する認証局(CA)を指定するリソースレコード。

まとめ

DNSレコードには、様々なレコードがありますので、抑えておきましょう。

続きは、また。

会員登録するとご利用できます。
Kindle Unlimited 会員は無料で購読できます
購読はこちら
Kindle Unlimited 会員は無料で購読できます
購読はこちら