会員登録(無料)
ログイン
スキルアップは今すぐこちら!▶

「wwwあり」と「wwwなし」の違いは?ドメインの基本

Domain(ドメイン)
この記事は約2分で読めます。

「wwwあり」と「wwwなし」の違いは?

「wwwあり」と「wwwなし」の違いは、URL(Uniform Resource Locator)のフォーマットの違いです。「www」は「World Wide Web」の略で、URLの一部として使用されます。

wwwの他にホスト名には「mail」「ftp」などがありますが、ホスト名のwwwは、web用のサーバー名を指定していることになります。

「wwwあり」のURLは、通常、次のようになります。

www.example.com

「wwwなし」のURLは、通常、次のようになります。

example.com

ドメインの基本について説明すると、インターネット上のWebサイトを識別するために使用される文字列のことです。

ドメイン名は、最初に「.」で区切られた最上位レベルドメイン(TLD)、そしてその後に続くドメイン名によって構成されます。

例えば、「example.com」は「com」がTLDで、「example」がドメイン名です。

「wwwあり」と「wwwなし」は結局どちらが良いのか?

結論としては「どちらが良い悪いという訳では無い」ということになります。

企業さんや法人ではwww付きのURLを使用されている場合も多いですが、昨今ではwwwを付けないURLも増えています。

ご参考ください。

タイトルとURLをコピーしました