スキルアップを始める!

SPF(Sender Policy Framework)レコードとは?

Domain(ドメイン)
この記事は約3分で読めます。
\ワードプレスのスキルアップはこちら!/ WordPress入門読本

SPFレコードとは?

SPF(Sender Policy Framework)レコードは、電子メールのドメインから送信されるメールの送信元を認証するための仕組みです。

SPFレコードは、受信側のメールサーバーに対して、特定のIPアドレスやホストが許可されたメール送信元として認識されるべきかどうかを指示します。これにより、スパムやフィッシングのメール送信元を制限するのに役立ちます。

SPFレコードの含む情報

SPFレコードは、DNS(Domain Name System)レコードの一種で、メール送信元のドメインのDNSエントリに含まれます。SPFレコードは、次の情報を含むことがあります:

  1. 許可された送信元のIPアドレスやホスト名のリスト
  2. 許可された送信元のメカニズムやルール
  3. 不許可とする送信元に対するアクション(ハードフェイルやソフトフェイルなど)

SPFレコードを設定することで、受信側のメールサーバーは、受信メールのドメインが設定したSPFルールに従って送信元を検証し、不正な送信元からのメールを拒否またはマークすることができます。

これにより、スパムやフィッシング詐欺のメールが受信者の受信トレイに届くのを防ぎ、メール送信元の信頼性を向上させるのに役立ちます。

具体的な設定例

SPFレコードの具体的な設定例を示します。SPFレコードはドメインのDNSエントリに追加され、テキストで記述されます。以下は一般的な設定例です:

  1. すべてのメール送信元を許可する場合:

[rml_read_more]

v=spf1 include:_spf.example.com ~all

この例では、v=spf1 はSPFバージョンを指定し、include:_spf.example.com_spf.example.com のSPF設定を適用するという意味です。~all は、送信元が許可リストにない場合は「ソフトフェイル」を行うことを示します。

  1. 特定のIPアドレスのみを許可する場合:
v=spf1 ip4:192.0.2.1 ip4:203.0.113.2 -all

この例では、ip4 メカニズムを使用して、IPアドレス 192.0.2.1203.0.113.2 からのメール送信のみを許可し、それ以外の送信元からのメールはすべて拒否することを示しています。

  1. 他のドメインのSPF設定をインクルードする場合:
v=spf1 include:_spf.example.com include:_spf.anotherdomain.com -all

この例では、include メカニズムを使用して、他のドメインで設定されたSPFルールをこのドメインのSPF設定に含めています。これにより、他のドメインで設定したルールもこのドメインに適用されます。

まとめ

SPFレコードの具体的な設定は、メール送信環境に応じて調整する必要があります。許可すべき送信元やアクションなどは、具体的な要件に合わせてカスタマイズできます。また、設定を行う際には注意深く構築し、必要に応じてドメインの管理者と連携して設定することが重要です。

URLをコピーしました!