スキルアップを始める

DKIM(DomainKeys Identified Mail)とは?DKIM設定について【送信ドメイン認証技術】

Domain(ドメイン)
メルマガ購読できます

簡単1ステップ!届いたメールの「フォローを確認」クリックでメルマガ登録!一緒にスキルアップを目指しましょう!

57人の購読者に加わりましょう

DKIMとは?

DKIM「DomainKeys Identified Mail」は、送信ドメイン認証技術の1つであり、メール送信者の認証を行うことで、メール送信元ドメインが信頼できるものであることを示し、偽装されたメールの送信を防止することができます。

DKIMを導入するには、以下の手順が必要です。

DKIM用のソフトウェア

DKIM用のソフトウェアとは、DKIM認証を行うために必要な機能を提供するソフトウェアです。DKIM用のソフトウェアには、以下のようなものがあります。

  1. OpenDKIM:オープンソースで提供されているDKIM用のソフトウェアで、LinuxやUnixなどのオペレーティングシステム上で動作します。
  2. EasyDKIM:Windows上で動作するDKIM用のソフトウェアで、設定が容易で初心者でも扱いやすい特徴があります。
  3. Postfix:メールサーバーソフトウェアで、DKIM認証にも対応しています。

これらのソフトウェアは、公開鍵と秘密鍵を生成し、メールの署名や検証を行う機能を提供しています。

DKIM用の鍵の生成

DKIM用の鍵の生成

DKIM用の鍵を生成するためには、DKIM用のソフトウェアを使用する必要があります。ソフトウェアを使用して、公開鍵と秘密鍵を生成します。秘密鍵は、メール送信時に使用されます。

公開鍵の登録

公開鍵の登録

公開鍵は、DNSに登録する必要があります。DNSには、メール送信元ドメインのTXTレコードとして公開鍵を登録します。

[rml_read_more]

DKIM署名の付与

DKIM署名の付与

メール送信時には、メールのヘッダーにDKIM署名を付与する必要があります。この際には、秘密鍵を使用して、ハッシュ値を生成し、ヘッダーに付与します。

まとめ

上記の手順に従ってDKIMを設定することができます。ただし、DKIM設定には専門的な知識が必要であり、誤った設定によりメールの送信に問題が発生する可能性があります。

Microsoft 365やIIJ、カゴヤなどのサービスを利用することで、DKIM設定を行うことができます。

会員登録するとご利用できます。
Kindle Unlimited 会員は無料で購読できます
購読はこちら
Kindle Unlimited 会員は無料で購読できます
購読はこちら