スキルアップを始める

【財務分析】デュポン分析(デュポンシステム)とは?

Finance(財務・経営)
メルマガ購読できます

簡単1ステップ!届いたメールの「フォローを確認」クリックでメルマガ登録!一緒にスキルアップを目指しましょう!

46人の購読者に加わりましょう

今回は財務分析の指標のひとつ「デュポン分析(デュポンシステム)」についてご紹介していきます。

デュポンシステムとは?

デュポンシステムとは、ROEを下記の3つの要素に分解した結果です。

  • 財務レバレッジ(財政状態)
  • 売上高利益率(収益性)
  • 総資産回転率(資産の効率性)

ROEは操作することができる指標となっています。その中で中身を分解して分析するデュポンシステムを使って、さらに細かい財務分析を行うことができます。

ROE = 売上高純利益率×総資本回転率×財務レバレッジ

売上高利益率」を高めるためには、売上高を減らすか当期純利益を増やす必要があります。

総資産回転率」を高めるためには、売上高を上げるか総資産を減らす必要があります。

財務レバレッジ」を高めるためには、総資産を増やすか自己資本を減らす必要があります。

これらを合計してROEとなりますが、ひとつひとつの要素を分解して見ることで、今まで見えなかった部分が見えるようになります。

まとめ

ROE自体は操作をすることができる指標となっています。デュポンシステムでROEを3分割することにより、ROEだけでは見れなかった数値を見ることができます。

デュポンシステムを使うことでさらなる自社の強みや改善点を見つけ出すことができます。

ご参考ください。

Kindle Unlimited 会員は無料で購読できます
購読はこちら
Kindle Unlimited 会員は無料で購読できます
購読はこちら