会員登録(無料)
ログイン
スキルアップは今すぐこちら!▶

流動資産 (りゅうどうしさん)とは?財務会計で抑えておきたい基本用語

Finance(財務・経営)
この記事は約1分で読めます。

流動資産 (りゅうどうしさん)とは?

流動資産 (りゅうどうしさん)とは、法人の資産の中でも主に「1年以内に現金化できる資産」を指します。資産は「流動資産」と「固定資産」に分かれます。

流動資産 (りゅうどうしさん)の例

主に下記のような項目を「流動資産」といいます。

  • 現金及び預金
  • 売掛金
  • 未収入金
  • 前払費用
  • 前払金
  • その他
  • 貸倒引当金

など。

流動資産 (りゅうどうしさん)の3つの区分

流動資産は下記の3つに区分できます。

当座資産

すぐに現金として使える資産。

  • 現金
  • 普通預金
  • 売掛金など

棚卸資産

販売目的で保有している資産

  • 商品
  • 材料
  • 貯蔵品など

その他流動資産

短期的に現金化が可能な上記以外の資産

  • 前払金
  • 未収入金
  • 貸付金

このような資産科目を「流動資産」といいます。

まとめ

流動資産は「1年以内に現金化できる資産」、つまり企業の財政においても特に重要な資産となります。

ご参考ください😃

タイトルとURLをコピーしました