お問い合わせ
    氏名

    メールアドレス

    件名

    お問い合わせ内容



    会員登録(無料)
    ログイン
    スキルアップは今すぐこちら!▶

    【GoogleAppsScript入門】フォームから送信があった時に相手のメールアドレスへ自動返信メールを送る方法

    GAS(グーグルアップススクリプト)
    この記事は約4分で読めます。

    手順をまとめた本、出ました!!!!▼

    初めてのGAS「GoogleフォームとGASで自動返信メールを送る」編【2022年版】
    【2022年版 Google Apps Scriptでフォームのメール自動送信を作成】 作業を自動化できるGoogle Apps Script(GAS)...

    お問い合わせフォーム

    Googleフォームから送信があった時に、相手へ内容を含んだ自動返信メールを送る方法です。

    フォームから送信があると、接続されたスプレッドシートへデータが入力されます。Googleフォームの設定で、自分宛と相手宛に、内容が入った自動返信メールを送ることも可能です。

    こんな感じでGoogle Formからの自動送信がされますが、もう少し、何というか一般的なテキスト形式で自動返信がしたい…という時には、GoogleAppsScript(GAS)を使います。

    さっそく作っていきます。

    GoogleAppsScript(GAS)で自動返信メールスクリプトを作成

    function autoreply(e) {
    //フォームのアイテムを取得する
    var itemResponses = e.response.getItemResponses();
    // 変数群
    var message = '';
    var username = '';
    var mail = '';
    var kenmei = '';
    var answer = '';
    // メール送信元の名前
    var admin_name ="エグウェブ.JP";
    //送信メールアドレス
    var admin = "XXXXXXX@gmail.com";
    
    //入力項目のアイテムを全て取得する
    for (var i = 0; i < itemResponses.length; i++) {
    // アイテムの内容を配列に格納する
    var itemResponse = itemResponses[i];
    // タイトルを取得する
    var question = itemResponse.getItem().getTitle();
    // 回答を取得する
    var answer = itemResponse.getResponse();
    
    if (question == 'お名前'){
    username = answer;
    }
    if (question == 'メールアドレス'){
    mail = answer;
    }
    if (question == '件名'){
    kenmei = answer;
    }
    // 自動応答メッセージを作る
    message += question + ': ' + answer + '\n'; 
    }
    
    //◇◆自分宛へのメール送信 ◇◆ 
    var address = 'XXXXXXXXXX@gmail.com';
    var title = '【エグウェブ.JP】下記の内容でお問い合わせを受け付けました';
    var content = '以下の内容でお客様よりフォームが送信されました。\n\n' +message
    +'\n'
    +'本日の送信可能件数残:'
    
    // メールを送信します!
    GmailApp.sendEmail(address, title, content,
    {
    from: admin, //fromアドレス
    name: admin_name //差出人
    }
    );
    
    // ◇◆相手側に送信する内容はここから◇◆
    var title2 = '【エグウェブ.JP】お問い合わせありがとうございます';
    var content2 = username + '様\n'
    + 'この度は、お問い合わせ頂きありがとうございます。\n'
    + '■ご送信頂いた内容■\n'
    + message
    + '\n'
    + '※このメールはご送信頂いた方に自動返信されます。\n';
    
    // メールを送信します!
    GmailApp.sendEmail(mail, title2, content2, 
    {
     //fromアドレス 
    from: admin,
    //差出人
    name: admin_name
    }
    );
    }

    トリガー作成

    というところで、このままでは動きません!笑

    フォームが送信された→function発動

    のトリガーの設定が必要です!

    実行する

    フォーム送信を実行してみます。

    管理者側

    送信側(お客様側)

    トリガーを作成した事で、送信時に、メールが自動送信されるようになりました!
    \(^o^)/

    まとめ

    これで、フォームから送信があった時に、自分と相手に対して各々設定した内容で、自動返信メールが届くようになります!

    ご参考下さい\(^o^)/

    0 件のコメント

    コメント
    タイトルとURLをコピーしました