会員登録(無料)
ログイン
スキルアップは今すぐこちら!▶

【GAS】スプレッドシートのメニューにスクリプト実行メニューを追加する(.getUi())

GAS(GoogleAppsScript)
この記事は約2分で読めます。

GASでメニューにスクリプトを追加する

スプレッドシートで、毎回手動で実行するGASのスクリプトがある場合は、ひとつの方法として「メニューに追加」すると便利です。

追加してみます。

.getUi()

まずは、onOpenを使って、ファイルを開いたときのイベントハンドラを設定します。こうすることで、スプレッドシートを開いた時に自動的にメニューが追加されます。

.getUi()を使うことで、Uiクラス(メニューを作るようなクラス)が取得できます。

SpreadsheetApp.getUi();

あとは「createMenu」を使ってメニューを追加、addItemで下にマウスオーバーで表示されるメニュー、最後にaddToUiで追加できます。

function onOpen() {
  const customMenu = SpreadsheetApp.getUi();
  customMenu.createMenu('スクリプト').addItem('メニュー作成', 'get_sheetURL').addToUi();
}

メニューにスクリプトが追加される

メニューにスクリプトが追加されました。

実行してみます。

実行できました!

もしメニューを下に追加したい場合は、.addItem(‘アイテム2’, ‘onClickItem2’);を使って追加していくことができます。

menu.addItem('スクリプト1', 'onClickScript1');
menu.addItem('スクリプト2', 'onClickScript2');
menu.addSeparator();

.addSeparator();で区切り線を作ることができるようになっています。便利ですね。

まとめ

手動でよく実行するGASのスクリプトがあれば、.getUi()を設定しておくと便利です。

御参考ください。

タイトルとURLをコピーしました