スキルアップを始める

【GAS】%s演算子とは?|文字列フォーマット演算子

GAS(GoogleAppsScript)
メルマガ購読できます

簡単1ステップ!届いたメールの「フォローを確認」クリックでメルマガ登録!一緒にスキルアップを目指しましょう!

57人の購読者に加わりましょう

%s演算子について

%s演算子は「文字列フォーマット演算子」とも呼ばれ、文字列に値を埋め込むために使用されます。GASでも文字列フォーマットに使用されます。この演算子を使用することで、文字列に変数や定数を埋め込むことができます。

例えば、以下のように使用できます。以下は%s演算子を使用した例です。

function myFunction() {
  const name = "太郎";
  const age = 25;
  Logger.log("私の名前は%sです。年齢は%dです。" ,name,age);
}

この出力は、次のようになります。

情報	私の名前は太郎です。年齢は25.0です。

ここで、%sは文字列型の値を表し、%dは整数型の値を表します。また、%の後に続く文字は、フォーマットする値の型を表します。

%s演算子は、文字列だけでなく、数値やその他のデータ型もフォーマットすることができます。また、複数の値を一度にフォーマットすることもできます。

function myFunction() {
  const name = "太郎";
  const age = 25;
  Logger.log("私の名前は%sです。年齢は%sです。" ,name,age);
}

情報	私の名前は太郎です。年齢は25.0です。

上記のコードでは、%sは文字列を表し、%dは整数を表しています。%sや%dの後ろに続く変数名や定数が、順番に文字列の中に埋め込まれます。

このように%s演算子を使用することで、複雑な文字列の組み立てを簡単に行うことができます。

%s演算子の注意点

注意点としては、%sは文字列型の値を表し、%dは整数型の値を表します。

例えば、以下のようなコードはエラーになります。

[rml_read_more]

function myFunction() {
  const name = "太郎";
  const age = 25;
  Logger.log("私の名前は%dです。年齢は%dです。" ,name,age);
}

情報	私の名前はNaNです。年齢は25.0です。

このコードは、「私の名前は太郎で、年齢は25です。」という文字列を生成しようとしていますが、%dが文字列のため、値が表示されません。

正しいコードは、以下のようになります。

function myFunction() {
  const name = "太郎";
  const age = 25;
  Logger.log("私の名前は%sです。年齢は%dです。" ,name,age);
}

情報	私の名前は太郎です。年齢は25.0です。

このコードでは、%sは文字列を取得して、%dは定数を取得しています。

まとめ

以上が、GASにおける%s演算子の使い方です。%s演算子は使えるようになると便利ですので、ぜひ活用ください。

会員登録するとご利用できます。
Kindle Unlimited 会員は無料で購読できます
購読はこちら
Kindle Unlimited 会員は無料で購読できます
購読はこちら