会員登録(無料)
ログイン
スキルアップは今すぐこちら!▶

【QUERY関数】日付の列をグループ化して月毎の集計表を抽出する方法(基本編)

GoogleSpreadSheet(グーグルスプレッドシート)
この記事は約2分で読めます。

日付の列をグルーピングしたい

例えば「リストから種別ごとの件数を取得する」といったデータであれば、ピポットテーブルを使えば簡単に作ることができます。

これを、日付の部分を「4月・5月・6月・・・」といった分け方でグループ化する方法です

QUERYのgroupとmonthを使って導き出す

groupとmonthを使えば可能でした。

例えば、下記のようにクエリを創ります。※参照範囲は使っているシートによって変わります。

=query(flower!A1:K,"select month(A)+1, sum(H) where A is not null group by month(A)+1 label month(A)+1 '月', sum(H) '合計'",1)

select month(A)を使って、列の日付を月ごとにまとめます。sum(H)で販売本数の合計を出します。空白行が抽出されないように「列 is not null」を加えておきます。

抽出されました!

まとめ

month(列)を使うと、月ごとにグループ化したデータを導き出すことができます。

月ごとの○○の集計〜となってくると、もうひと工夫必要ですが、シンプルな合計であれば今回の方法で導き出すことが可能でした!

ご参考ください。

タイトルとURLをコピーしました