スキルアップを始める

【Mac】シェルスクリプトのサンプル例と実行方法について

Mac(マック)
メルマガ購読できます

簡単1ステップ!届いたメールの「フォローを確認」クリックでメルマガ登録!一緒にスキルアップを目指しましょう!

シェルスクリプトのファイルサンプル例

以下にシェルスクリプトのファイルサンプル例を示します。

#!/bin/bash

echo "Hello World!"


#!/bin/bashは、シェルスクリプトの最初の行に書くシェバンと呼ばれる行です。シェバンは、シェルスクリプトを解釈するシェルを指定し、シェルスクリプトを実行する際に使用されます。この場合、シェバンは、bashシェルを使用してシェルスクリプトを解釈するように指示しています。

こちらをhello.shといったファイル名(拡張子sh)で保存します。

この例では、シェルスクリプトで「Hello World」が出力されます。

シェルスクリプトを実行する

Macでシェルスクリプトを実行するには、次の手順に従います。

  1. ターミナルを開きます。
  2. シェルスクリプトが保存されているディレクトリに移動します。
  3. shコマンドを入力します。
  4. シェルスクリプトの名前を入力します。
  5. エンターキーを押します。

これでシェルスクリプトが実行されます。

シェルスクリプトの実行例

たとえば、シェルスクリプトの名前が「hello.sh」の場合、次のコマンドを実行します。

[rml_read_more]

sh hello.sh

シェルスクリプトが実行されました。

スクリプトの実行権限がない場合

シェルスクリプトに実行権限がない場合、次のコマンドを実行して実行権限を付与します。

chmod +x hello.sh

その後、シェルスクリプトを実行すると、次のコマンドと同じように実行されます。

sh hello.sh

まとめ

シェルスクリプトは、OSコマンドや制御文を組み合わせて、簡易なプログラムを作成するのに役立ちます。

Kindle Unlimited 会員は無料で購読できます
購読はこちら
Kindle Unlimited 会員は無料で購読できます
購読はこちら