会員登録(無料)
ログイン
スキルアップは今すぐこちら!▶

「4C(フォーシー)分析」とは?顧客視点重視のマーケティング手法!マーケティングミックスの第一歩

Marketing(マーケティング)
この記事は約2分で読めます。

4C分析とは

4C分析とは「Consumer value(顧客価値)」「Cost(価格)」「Convention(利便性)」「Communication(コミュニケーション)」の頭文字を取った分析手法。顧客視点重視のマーケティングの考え方です。

アメリカのマーケティング学者エドモンド・ジェローム・マッカーシー氏が1960年に提唱。友人のフィリップ・コトラー氏が使っている有名な分類です。

Consumer value(顧客価値)

Consumer valueとは顧客にとっての「ニーズやウォンツ」です。何が求められているのか?を考えることで、解決策が導き出されていきます。

Customer Cost(価格)

Customer Costとは顧客にとっての「価格」です。その商品の価値が適正か、高いか、安いかを考えることで、価格について、見えてくるものが出てくるかもしれません。

Convention(利便性)

Conventionとは、 顧客にとっての「利便性」です。どれほど価値が高くても、使いづらい・目的を達成することに時間が掛かってしまう、など、

Communication(コミュニケーション)

Communicationとは、その名のとおり顧客との「コミュニケーション」です。企業と顧客の関係をいかに高めていくか?が鍵となっていきます。

まとめ

4C分析は、ビジネスの戦略と解決に導くために使えるひとつのフレームワークです。4C分析を使うことで、自分たちの強み・魅力・提供できる価値を見出すことができます。

経営戦略・ビジネス戦略の立案にぜひ4C分析を活用してみましょう。

ビジネスモデルを学びたい方は他のマーケティング関連記事もぜひ参考下さい😃

タイトルとURLをコピーしました