会員登録(無料)
ログイン
スキルアップは今すぐこちら!▶

「4P(フォーピー)分析」とは?マーケティング戦略の立案・実行プロセスのフレームワーク

Marketing(マーケティング)
この記事は約2分で読めます。

4P分析とは?

「Product(製品)」「Price(価格)」「Place(流通)」「Promotion(プロモーション)」の頭文字を取って、「4P」と呼びます。どんな製品(Product) を、 いくら(Price) で、 どこで(Place) 、 どのように(Promotion) して売るか?という戦略を立てる時に使われます。

アメリカのマーケティング学者、エドモンド・ジェローム・マッカーシー氏が提唱した分析理論です。

Product(製品)

どういった商品を売り出すのか?が「Product(製品)」です。市場のニーズに合わせるマーケットイン型の商品、研究開発主導で作るプロダクトアウト型の商品、創造から商品を作るイノベーション」型の商品などがあります。 

Price(価格)

いくらで売り出すのか?が「Price(価格)」です。市場の製品価格や価格ニーズは常に変動しています。需要と供給に合わせて、適正価格を見極めることが成功のポイントになります。

Place(流通)

どんな場所で売り出すのか?が「Place(流通)」です。店舗を構える時に「どの場所にOPENするか?」は大事なポイントになります。 

Promotion(プロモーション)

どんな広告施策・マーケティングで売り出すのか?が「Promotion(プロモーション)」です。

世の中の需要やニーズに応えた販売促進活動が必要です。

まとめ

4P分析( 「Product(製品)」「Price(価格)」「Place(流通)」「Promotion(プロモーション)」 )を上手く使うことで、マーケティングに活かしビジネスを加速させることができます。

4Pを駆使したマーケティング、実践しましょう😃

タイトルとURLをコピーしました