会員登録(無料)
ログイン
スキルアップは今すぐこちら!▶

「ZMOT(ジーモット)」とは?Googleが提唱している購入の意思決定モデル

Marketing(マーケティング)
この記事は約2分で読めます。

ZMOT(Zero Moment of Truth)

ZMOT(ジーモット)とは、「Zero Moment of Truth(ゼロモーメントオブトゥルース)」の略で、Googleが提唱した「消費者が購買行動を決める瞬間」についてのモデルのこと。

現代の消費者は、店舗に行く前や実際の商品を見る前から、先にインターネット上で、商品サービスとの交流を発生させている、という考え方です。

真実のゼロの瞬間とは?

「真実のゼロの瞬間」とは、消費者は、そのお店に入る前に既に商品サービスの購入や申込みを決めてしまっている…という瞬間です。

today’s tech-savvy consumer has often made up their mind before stepping in-store. Google coined this ZMOT, or the “zero moment of truth.”

(今日のテクノロジーに精通した消費者は、店に足を踏み入れる前に決心することがよくあります。 GoogleはこのZMOT、つまり「真実のゼロの瞬間」を作り出しました。)

https://www.thinkwithgoogle.com/marketing-strategies/micro-moments/zero-moment-truth/

世の中の、何を買うか?何に申し込むか?何をするか?を決める方法が、インターネットによって変わりました。Google では、このオンラインの意思決定の瞬間を「ゼロ モーメント オブ トゥルース」、ZMOT と呼んでいます。

タイトルとURLをコピーしました