スキルアップを始める

【AIDCAS(アイドカス)の法則とは?】プラスの欲求で購入を促す展開マーケティング方法

Marketing(マーケティング)
メルマガ購読できます

簡単1ステップ!届いたメールの「フォローを確認」クリックでメルマガ登録!一緒にスキルアップを目指しましょう!

46人の購読者に加わりましょう

AIDCAS(アイドカス)の法則とは?

AIDCAS(アイドカス)の法則とは、消費者が商品を購入するときの心理または一連の行動を分析し、その心理に沿った展開を行う手法のひとつです。「Attention」「Interest」「Desire」「Conviction」「Action」「Satisfaction」の頭文字をそれぞれ取っています。

AIDMA(アイドマ)やAISAS(アイサス)といったマーケティングの手法をこれまで紹介してきましたが、AIDCAS(アイドカス)は、また別の切り口で訴求をする手法です。

Attention:注意

まずは「注意」を引きます。商品やサービスを知ってもらうために「広告」「コンテンツマーケティング」「ブログ」といった方法を活用して、まずは知ってもらいます。

Interest:興味関心

興味や関心をもってもらうための方法を訴求します。例えば「最先端の技術・商品」「ポイントがもらえる」「誰でも簡単に」など、興味を持ってもらう訴求ポイントを出します。

Desire:欲求

[rml_read_more]

興味関心から、さらに「欲しい」という段階に進んでもらいます。購入することで得られるメリットを何度も見ている内に、「どうしても欲しい」という意識まで昇格してもらいます。

Conviction:確信

「多くの人が使っている」「効果に実績がある」「他と比較してみたところ安価である」「質がいい」などといったことが、確認をしたことで「確信」に変わります。

Action:購入

申込みや予約、購入を行います。

Satisfaction:満足

使ってみた結果、良かったので追加購入する、同じカテゴリの類似商品を購入する、など「満足」した結果、ファンになった状態です。

まとめ

購入した後の「満足」まで考えることが、この「AIDCAS(アイドカス)の法則」のポイントです。

購入して終わり・・・ではなく、購入した先になにがあるのか?まで視野を広げて考え抜くことができるかどうかが、成功するかどうかのポイントになります😃

御参考ください😃

Kindle Unlimited 会員は無料で購読できます
購読はこちら
Kindle Unlimited 会員は無料で購読できます
購読はこちら