会員登録(無料)
ログイン
スキルアップは今すぐこちら!▶

【AIDCAS(アイドカス)の法則とは?】プラスの欲求で購入を促す展開マーケティング方法

Marketing(マーケティング)
この記事は約2分で読めます。

AIDCAS(アイドカス)の法則とは?

AIDCAS(アイドカス)の法則とは、消費者が商品を購入するときの心理または一連の行動を分析し、その心理に沿った展開を行う手法のひとつです。「Attention」「Interest」「Desire」「Conviction」「Action」「Satisfaction」の頭文字をそれぞれ取っています。

AIDMA(アイドマ)やAISAS(アイサス)といったマーケティングの手法をこれまで紹介してきましたが、AIDCAS(アイドカス)は、また別の切り口で訴求をする手法です。

Attention:注意

まずは「注意」を引きます。商品やサービスを知ってもらうために「広告」「コンテンツマーケティング」「ブログ」といった方法を活用して、まずは知ってもらいます。

Interest:興味関心

興味や関心をもってもらうための方法を訴求します。例えば「最先端の技術・商品」「ポイントがもらえる」「誰でも簡単に」など、興味を持ってもらう訴求ポイントを出します。

記事の続きを読むにはログインをお願いします。あなたもEGUWEBでスキルアップを!

会員登録は無料です。Googleアカウントでもログインできます。
※会員登録することで利用規約個人情報保護方針に同意したものとみなします。

Googleアカウントで登録・ログイン


タイトルとURLをコピーしました