スキルアップを始める

「ファーストチェス理論」とは?

Marketing(マーケティング)
メルマガ購読できます

簡単1ステップ!届いたメールの「フォローを確認」クリックでメルマガ登録!一緒にスキルアップを目指しましょう!

ファーストチェス理論とは?

ファーストチェス理論とは、チェスの名人がチェスを行う際に「5秒で考えた打ち手」と「30分考えた打ち手」のうち、86%は同じになるという理論のことです。

つまり、どれだけ長く思考しても、“最初に思いついた手段”に戻ってくることが多いということです。

この理論は、1990年代にチェスプレイヤーのティム・クローズによって提唱されました。

クローズは、チェスの名人達が対局中に思考する時間と、実際に打った手を調査した結果、この理論を導き出しました。

ビジネスや人生の意思決定にも応用できる

ファーストチェス理論は、チェス以外にも、ビジネスや人生の意思決定にも応用することができます。

例えば、何かの決断を迫られたときに、5秒で出した答えを信じるべきか、30分かけて出した答えを信じるべきか、という問題があります。

まとめ

ファーストチェス理論によると、5秒で出した答えの方が、30分かけて出した答えよりも、より良い結果につながる可能性が高いのです。

もちろん、ファーストチェス理論は絶対ではありません。

しかし、意思決定に時間をかけすぎると、逆に良い結果を得られない可能性もあるため、5秒で出した答えを信じることも大切です。

Kindle Unlimited 会員は無料で購読できます
購読はこちら
Kindle Unlimited 会員は無料で購読できます
購読はこちら