お問い合わせ
    氏名

    メールアドレス

    件名

    お問い合わせ内容



    会員登録(無料)
    ログイン
    WordPressのスキルアップ!▶

    【PremierePro(プレミアプロ)】時間補間法(じかんほかんほう)|移動の加速と減速スピードを調整する方法

    PremierePro(プレミアプロ)
    この記事は約2分で読めます。
    「ワードプレスで未来を変える!」
    誰でも挑戦できます!!
    【未経験挑戦可!】スキルアップしたい!WordPressに挑戦したい!何かに挑戦して未来を変えたい!という方をお待ちしています↓↓

    キーフレームに値を設定して動かすと、一定間隔で動きます。

    これを「時間補間法(じかんほかんほう)」を使うと、動きに変化を与えることができます。

    時間補間法

    移動時の加速と減速の速度を調整する方法です。

    リニア

    キーフレーム間で均一な変化を作成します。アニメーションをオンにしてキーフレームを打ち込むと、通常はこの「リニア」になっています。

    一定間隔でクリップが動きます。

    ベジェ

    キーフレームの一方の側でグラフの形状および変化率を手動で調整できます。

    ハンドルを上に動かすと、開始時に一気に「次のマーカー値」に近づいて、終わりは「緩やか」に変化します。

    ハンドル(横に伸びている棒)を下に下げると、最初は「緩やか」に動いて段々と加速します。

    ハンドルを横に伸ばして広げると、ピーク時(一番動きの変化が激しい位置)の場所が変わります。

    右側のキーフレームもベジェに変えると、変化率を変えることができます。

    一瞬止まって、加速。

    自動ベジェ

    キーフレーム間で滑らかな変化を作成します。キーフレームの値を変えると、自動ベジェ方向ハンドルも変更され、キーフレーム間の滑らかなトランジションが維持されます。

    間にキーフレームを設置すると、いい感じの変化率が自動で設定されます。

    ハンドルを動かすと手動の「ベジェ」にアイコンが変わります。

    連続ベジェ

    キーフレーム間で滑らかな変化を作成します。自動ベジェとは異なり「方向ハンドルを手動で調整」します。一方側でハンドルを変更すると、もう一方の側の形状が変更されます。

    「通常のベジェ」の場合は、左右のハンドルがバラバラに動きますが・・・

    「連続ベジェ」の場合は、左右のハンドルの高さが連動して、同じ高さになります。

    停止

    次のキーフレームへ移動するまでの間、値を変化させず停止状態にします。

    イーズイン

    キーフレームに近づくに従って、前の値の変化を減速します。

    イーズアウト

    キーフレームから離れるに従って、値の変化を徐々に加速します。

    まとめ

    このような感じで、アニメーションに変化を加えることができるのが「時間補間法」です。

    ご参考下さい😃

    タイトルとURLをコピーしました