スキルアップを始める!

【スプレッドシート】RAND関数とは?使い方について

Googleスプレッドシート
\ワードプレスのスキルアップはこちら!/ WordPress入門読本

RAND関数とは?

スプレッドシートでのRAND関数は、0以上1未満のランダムな実数を生成します。この関数はパラメータを必要とせず、=RAND()という形でセルに入力するだけで、ランダムな値を得られます。

=RAND()

この機能は、シミュレーション、ランダムなサンプリング、あるいは決定をランダム化する場合などに便利です。

ランダムなリストの生成

例えば、ランダムな数値のリストを作成したい場合、複数のセルに=RAND()を入力します。それぞれのセルは0以上1未満の異なるランダムな値を表示します。

ランダムな選択

ランダムに名前を選びたい場合、各名前の隣のセルに=RAND()を入力し、ランダム関数で生成された値に基づいて並び替えます。

最小または最大値を持つ名前がランダムに選ばれた名前になります。

ランダムな割り当て

たとえば、生徒にランダムにプロジェクトを割り当てる場合、プロジェクトの名前の隣に=RAND()を入力し、生成されたランダムな数値に基づいてプロジェクトを並び替えます。

更新の制御

RAND関数は、スプレッドシートが再計算されるたびに新しい値を生成します。これは、セルを編集したり、スプレッドシートを開いたりするたびに起こります。

ランダムな値を固定したい場合は、生成された値をコピーして、値として他のセルに貼り付けることができます。

範囲の指定

特定の範囲内でランダムな数値が必要な場合は、RANDと他の数式を組み合わせて使用します。例えば、1から10の間のランダムな整数が欲しい場合は、=INT(RAND()*10) + 1という式を使用します。

重複の排除

一覧からランダムに選択する際、重複を避けたい場合は、スプレッドシートのユニークな機能と組み合わせて使用します。まず、ランダムな値を生成し、それを基にリストを並び替えた後、ユニークな値だけを抽出します。

一覧からランダムに選択する際に重複を避けるには、GoogleスプレッドシートのRAND関数とUNIQUE関数を組み合わせて使用します。

まとめ

RAND関数はシンプルながらも、多様な用途に応じたカスタマイズが可能です。上記のヒントを参考にしながら、必要に応じて応用してみてください。

URLをコピーしました!