会員登録(無料)
ログイン
スキルアップは今すぐこちら!▶

【WordPress】有効期限付きの投稿を作成できる便利プラグイン「PublishPress Future」

WordPress(ワードプレス)
この記事は約2分で読めます。

ワードプレスでは「予約投稿」は標準機能にあるので可能ですが「~◯月◯日まで掲載」という機能が標準機能にありません。期限付き投稿を作りたい時に便利なプラグインが「PublishPress Future」です。

「PublishPress Futurer」プラグインとは?

The PublishPress Future プラグインを使用すると、ページおよびその他のコンテンツタイプの投稿に有効期限を追加できます。投稿が自動的に非公開になると、投稿を削除したり、ステータスを変更したり、投稿のカテゴリを更新したりできます。

https://ja.wordpress.org/plugins/post-expirator/

「PublishPress Futurer」プラグインの使い方

まずはプラグインを検索してインストールします。

あとはプラグインを有効化するだけで、すぐに使えます。

投稿の有効期限を設定する

投稿画面の右側に「PublishPress Future」という設定が追加されます。「投稿の有効期限を設定する」をONにすると、投稿に有効期限を設定できます。

あとは、投稿の有効期限の日にちと「期限切れ時の処理」を設定すれば、設定完了です。

PublishPress Future 設定

プラグインを有効化すると「PublishPress Future」の設定が追加されます。

日付の書式・時刻の書式・期限切れで変更されるカテゴリー初期値などが設定できます。

有効期限のメール通知も可能です。

まとめ

「PublishPress Futurer」プラグインを使うと、有効期限付きの投稿を公開することができます。「3ヶ月間だけ記事を掲載したい」といった希望がある場合に便利です。

ご参考ください😃

タイトルとURLをコピーしました