スキルアップを始める!

【WordPress】投稿一覧に独自の列を追加するPHP

WordPress(ワードプレス)
この記事は約5分で読めます。
\ワードプレスのスキルアップはこちら!/ WordPress入門読本

ワードプレスの投稿一覧画面に独自の列を追加表示してみます。

投稿一覧とは?

WordPressの「投稿一覧」とは、管理画面の「投稿」メニュー内に表示される投稿の一覧表示のことを指します。投稿一覧では、サイトに投稿された記事やコンテンツが一覧形式で表示され、各投稿の情報を確認および編集することができます。

投稿一覧画面では、通常、各投稿のタイトル、公開日、著者、カテゴリー、タグなどの情報が表示されます。また、特定の投稿を検索したり、投稿をフィルタリングしたりするための機能も備わっています。投稿一覧は、サイトのコンテンツ管理や編集作業を行う際に重要な画面であり、記事の状態や情報を一括で確認することができます。

投稿一覧に独自の列を追加する

投稿一覧に独自の列を追加すると、既存の表示項目に加えて、独自の情報やカスタムフィールドなどを列として表示することができます。これにより、特定の情報を一覧で確認したり、編集したりする際に便利です。

以下は、投稿一覧に「独自の列」という列を追加する方法です。functions.phpに追加します。

function custom_post_columns($columns) {
    $columns['custom_column'] = '独自の列';
    return $columns;
}
add_filter('manage_posts_columns', 'custom_post_columns');

function custom_post_column_content($column_name, $post_id) {
    if ($column_name == 'custom_column') {
        // 独自の列の内容を表示する処理を記述します
        echo '独自の列の内容';
    }
}
add_action('manage_posts_custom_column', 'custom_post_column_content', 10, 2);

「独自の列」という列が追加されました。

[rml_read_more]

custom_post_columns関数について

custom_post_columns関数では、$columnsという引数を受け取ります。この引数は現在の投稿一覧の列の配列を表します。$columns['custom_column'] = '独自の列';という行では、新しい独自の列を追加し、その列のタイトルを「独自の列」と設定しています。

add_filter('manage_posts_columns', 'custom_post_columns');という行では、manage_posts_columnsフィルターフックにcustom_post_columns関数をフックしています。これにより、投稿一覧の列の配列を変更することができます。

function custom_post_columns($columns) {
    $columns['custom_column'] = '独自の列';
    return $columns;
}
add_filter('manage_posts_columns', 'custom_post_columns');

custom_post_column_content関数では、$column_name$post_idという2つの引数を受け取ります。$column_nameは表示される列の名前を表し、$post_idは現在の投稿のIDを表します。if ($column_name == 'custom_column')という行では、表示中の列が「独自の列」であるかどうかをチェックしています。

もし列が「独自の列」であれば、その列の内容を表示する処理を記述します。現在のコードでは、echo '独自の列の内容';という行で「独自の列の内容」というテキストを表示しています。この部分は、実際に表示したい内容に合わせて編集してください。

add_action('manage_posts_custom_column', 'custom_post_column_content', 10, 2);という行では、manage_posts_custom_columnアクションフックにcustom_post_column_content関数をフックしています。これにより、投稿一覧の各行に独自の列の内容を表示する処理を追加することができます。

function custom_post_column_content($column_name, $post_id) {
    if ($column_name == 'custom_column') {
        // 独自の列の内容を表示する処理を記述します
        echo '独自の列の内容';
    }
}
add_action('manage_posts_custom_column', 'custom_post_column_content', 10, 2);

以上が、投稿一覧に独自の列を追加するための具体的な説明です。

まとめ

これで、WordPressの投稿一覧に独自の列が追加されます。投稿一覧を表示すると、新しく追加した列が表示され、指定した内容が表示されるはずです。

functions.phpファイルを編集する際には、エラーを引き起こさないように注意してください。編集前にバックアップを取ることをおすすめします。また、テーマのアップデート時には、編集した内容が上書きされる可能性があるため、注意が必要です。

URLをコピーしました!