会員登録(無料)
ログイン
スキルアップは今すぐこちら!▶

簿記の仕事とは?1年間の全体の流れまとめ(基本)

woman signing on white printer paper beside woman about to touch the documents Boki(簿記)
この記事は約2分で読めます。

簿記(会計)で日々やる仕事、1年間の仕事の流れです。

簿記で日々やる仕事

下記のような流れとなります。

取引が行われる
日々の支払いや売上・金銭の受け取りなど、様々な事業活動・取引が行われます。
仕訳帳に仕訳する
日々の取引を勘定科目に振り分けます。
総勘定元帳に転記する
勘定科目ごとに帳簿に転記します。
補助簿を作る
内容によっては補助簿とよばれる「現金出納帳」「仕入帳」「売上帳」「売掛金元帳」「買掛金元帳」「小口現金出納帳」といった補助記入帳・補助元帳に記録します。

こちらの仕事を日々繰り返します。

決算時にやる仕事

下記のような流れとなります。

試算表を作る
決算処理をするために、各仕訳が総勘定元帳へ転記されているか確認するための表が「試算表」です。
決算整理仕訳をする
企業は年に1回決算するために決算整理仕訳を行います。

精算表を作成する
損益計算書(PL)・貸借対照表(BS)を作成するために「精算表」という一覧表を作成します。精算表があることでPL・BSが作りやすくなります。
損益計算書(PL)・貸借対照表(BS)・財務諸表を作成する
精算表を元に、損益計算書(PL)・貸借対照表(BS)・財務諸表を作成します。
勘定(帳簿)を締め切る
当期と次期の記入を区別するために、勘定(帳簿)を締め切ります。これで当期の集計が終わります。

このような流れとなります。

利益が多かったときにやる仕事

株主に配当する
決算の結果、もし利益が多かった場合は、株主に対して「配当」を支払います。

利益が多かった場合には株主に配当を支払う、というのも重要な仕事です。なぜなら、株主が会社に投資する目的のひとつが、この配当でもあるからです。

まとめ

まずは簿記の仕事の全体像でした。

ひとつひとつの項目や続きについては、また次回以降でご紹介していきます😃

タイトルとURLをコピーしました