スキルアップを始める

月次決算(げつじけっさん)とは?基本的な流れとポイントについて

Boki(簿記)
メルマガ購読できます

簡単1ステップ!届いたメールの「フォローを確認」クリックでメルマガ登録!一緒にスキルアップを目指しましょう!

57人の購読者に加わりましょう

月次決算は、組織や企業が毎月の経済活動を集計し、財務状況や業績を把握するためのプロセスです。以下に、一般的な月次決算の流れを説明します。

データ収集と集計

データ収集と集計: 毎月の取引や活動に関連するデータを収集します。これには、売上データ、経費、購買、給与支払いなどが含まれます。

収集したデータは、会計ソフトウェアやスプレッドシートなどのツールを使用して集計されます。

仕訳帳の更新

仕訳帳の更新: 収集したデータをもとに、仕訳帳(簿記帳)を更新します。

仕訳帳には、各取引が詳細に記録され、財務情報の基盤となります。借方と貸方のルールに基づいて、取引が適切に記帳されます。

試算表の作成

試算表の作成: 仕訳帳のデータを元に、試算表(Trial Balance)を作成します。

試算表は、すべての勘定科目の残高を示し、借方の合計と貸方の合計が一致することを確認します。これによって、記録ミスやエラーがないかを確認します。

調整仕訳の処理

[rml_read_more]

調整仕訳の処理: 決算日までに発生する可能性のある収益や費用を正確に反映させるため、調整仕訳を処理します。

これには、前払費用、未収収益、償却費用などの調整が含まれます。

財務諸表の作成

財務諸表の作成: 試算表を基に、財務諸表を作成します。主な財務諸表には、損益計算書(利益計算書)、貸借対照表(バランスシート)、キャッシュフロー計算書があります。

これらの諸表は、会社の財務状況や業績を示す重要な情報を提供します。

業績分析と報告

業績分析と報告: 作成した財務諸表を分析し、月次の業績や財務状況を評価します。

これによって、経営者や関係者は企業の健全性や進捗状況を把握し、必要な対策や意思決定を行うための情報を得ることができます。

監査と確認

監査と確認: 一部の組織では、内部監査や外部監査人による月次決算の確認が行われることがあります。

これによって、財務情報の正確性と信頼性が確保されます。

記録保管

記録保管: 作成した財務諸表や関連する文書は、一定期間保管される必要があります。

法的要件や会社の方針に従って、必要な文書管理が行われます。

まとめ

以上が、一般的な月次決算の流れです。企業や組織によっては、さらに詳細なステップやプロセスが追加されることがあります。

また、会計ソフトウェアの活用や専門知識を持つ専門家のサポートも、効果的な月次決算の実施に重要です。

会員登録するとご利用できます。
Kindle Unlimited 会員は無料で購読できます
購読はこちら
Kindle Unlimited 会員は無料で購読できます
購読はこちら