スキルアップを始める

流動比率と当座比率【B/S(貸借対照表)の基本】

Boki(簿記)
メルマガ購読できます

簡単1ステップ!届いたメールの「フォローを確認」クリックでメルマガ登録!一緒にスキルアップを目指しましょう!

今回はB/S(貸借対照表)の「流動比率」と「当座比率」についてご紹介します。

流動比率の求め方

流動比率は下記の計算方法で求められます。

流動比率=流動資産/流動負債×100%

流動比率が高いほど安全性が高い状態である、と言えます。

当座比率の求め方

当座比率は下記の計算方法で求められます。

当座比率=当座資産/流動負債×100%

当座比率は、流動資産内の「当座資産(現金など)」を抜き出し割り出します。当座比率100%以上となっていれば十分な支払い能力がある、と言えます。

まとめ

「流動比率」と「当座比率」は、B/S(貸借対照表)の基本のひとつですので、ぜひ抑えておきましょう。

Kindle Unlimited 会員は無料で購読できます
購読はこちら
Kindle Unlimited 会員は無料で購読できます
購読はこちら