スキルアップを始める

 【当座借越(とうざかりこし)とは?】勘定科目について|簿記

Boki(簿記)
メルマガ購読できます

簡単1ステップ!届いたメールの「フォローを確認」クリックでメルマガ登録!一緒にスキルアップを目指しましょう!

今回は勘定科目「当座借越(とうざかりこし)」について見ていきます。

当座借越(とうざかりこし)とは?

当座借越」とは、当座預金に残高が無い場合に銀行から一時的に借入をする場合に使われる勘定科目です。

当座借越は負債の科目となります。

「当座借越」が増加したときは「貸方」に記載します。

「当座借越」が減少したときは「借方」に記載します。

当座借越(とうざかりこし)の詳細

当座借越は、口座の残高を超えて小切手を振り出すことができるようになります。

通常は口座残高以上のお金を相手に送ることはできませんが、銀行と当座借越契約を結ぶことで、残高不足の分を銀行が立て替えてくれるようになります。

したがって当座借越が増加した場合は貸方勘定になります。

また、当座借越には「一勘定制」「二勘定制」と2種類の仕訳方法があります。

[rml_read_more]

「一勘定制」…当座勘定のみで仕訳する。

「二勘定制」…当座借越と当座預金の2つで仕訳する。

一勘定制の方がシンプルですが、当座預金残高が不明になります。

当座借越(とうざかりこし)の仕訳例

買掛金支払いのために1,000,000円の小切手を振り出した。当座預金の残高は400,000円となっている。なお、銀行と当座貸越契約を結んで限度額を設定している。(一勘定制の場合)

借方科目金額貸方科目金額
仕入1,000,000当座預金1,000,000
一勘定制の場合

買掛金返済で1,000,000円の小切手を振り出した。当座預金の残高は400,000円となっている。なお、銀行と当座貸越契約を結んで限度額を設定している。(二勘定制の場合)

借方科目金額貸方科目金額
買掛金1,000,000当座預金400,000
当座借越600,000
二勘定制の場合

Kindle Unlimited 会員は無料で購読できます
購読はこちら
Kindle Unlimited 会員は無料で購読できます
購読はこちら