URLをコピーしました!
スキルアップを始める!

 【仕入(しいれ)】費用の勘定科目について|簿記3級

Boki(簿記)

今回は、勘定科目「仕入(しいれ)」について見ていきます。

「仕入(しいれ)」とは?

「仕入(しいれ)」とは「商品や原材料などを購入する」金銭に使われる勘定科目です。

「仕入」が増加したときは「借方」に記載します。

「仕入」が減少したときは「貸方」に記載します。

仕入(しいれ)の詳細

仕入とは、商品を販売するために必要な商品や、製品を作るために必要な原材料などを購入することを指します。

仕入の仕訳は、仕入先(買掛金)または現金を借方に、仕入を貸方に記帳します。

現金で支払う場合は、現金を貸方に記帳します。売掛金で支払う場合は、仕入先(買掛金)を貸方に記帳します。

仕入は原則として費用として計上され、商品売買差額による利益が生じます。

[rml_read_more]

仕入は、企業の業績に大きく影響する重要な取引の一つです。正確な仕入の記帳や管理は、企業経営において欠かせない要素となります。

仕入(しいれ)の仕訳例

現金100,000円分の商品を現金で仕入れた。(三分法)

借方科目金額貸方科目金額
仕入100,000現金100,000

現金100,000円分の商品を150,000円で売った。

借方科目金額貸方科目金額
現金150,000売上150,000

期首の商品棚卸高が50,000円、期末の商品棚卸高が100,000円だった。

借方科目金額貸方科目金額
仕入50,000繰越商品50,000
繰越商品100,000仕入100,000
会員登録するとご利用できます。
Kindle Unlimited 会員は無料で購読できます
購読はこちら
Kindle Unlimited 会員は無料で購読できます
購読はこちら