会員登録(無料)
ログイン
スキルアップは今すぐこちら!▶

 【小口現金(こぐちげんきん)】資産の勘定科目について|簿記3級

Boki(簿記)
この記事は約1分で読めます。

資産の勘定科目「小口現金」について。

勘定科目 【小口現金(こぐちげんきん)】とは?

「小口現金」は資産の科目です。 日々発生する少額の費用を支払うために使われるお金のことです。

「小口現金」が増加したときは「借方」に記載します。

「小口現金」が減少したときは「貸方」に記載します。

小口現金(こぐちげんきん)の詳細

下記のようなものが「小口現金」として扱われます。

  • 消耗品費
  • 旅費交通費
  • 水道光熱費
  • 通信費
  • 雑費

小口現金(こぐちげんきん)の仕訳例

小口現金を当座預金から引き出して1万円を用意した。

借方科目金額貸方科目金額
小口現金10,000 当座預金10,000 

用度係から報告を受けたときは、詳細を記入します。

借方科目金額貸方科目金額
旅費交通費5,000 小口現金10,000 
通信費4,000
雑費1,000
タイトルとURLをコピーしました