会員登録(無料)
ログイン
スキルアップは今すぐこちら!▶

「しーくりくりしー」(仕入れ・繰越商品・繰越商品・仕入れ)とは?【簿記3級】

Boki(簿記)
この記事は約1分で読めます。

「しーくりくりしー」とは?

「しーくりくりしー」とは?

「しーくりくりしー」とは、仕訳の頭文字を取ったものです。

仕入れ・繰越商品・繰越商品・仕入れの頭文字を取って、しー・くり・くり・しー、と呼ばれています。

仕入××××繰越商品××××
繰越商品××××仕入××××

仕入勘定で売上原価を計算するために「しーくりーくりしー」を使います。

前期からの繰り越し商品を当期の仕入として認識し、まだ販売していない商品を翌期に繰り越すために計上します。「仕入」「売上」「繰越商品」3つの勘定科目を使った三分法で売上原価を出します。

決算整理仕訳

期首商品棚卸高が1,000円、期末商品棚卸高が3,000円の場合は以下の通りです。

借方金額貸方金額
仕入1000繰越商品3000
繰越商品3000仕入1000

期末と期首で繰越商品(在庫商品)を調整しています。

まとめ

「しーくりくりしー」とは簿記3級で出てくる基本のひとつです。ぜひ抑えておきましょう😃

詳細についてはまた別のページでご紹介していきます😃

タイトルとURLをコピーしました