会員登録(無料)
ログイン
スキルアップは今すぐこちら!▶

融資(ゆうし)・投資(とうし)・出資(しゅっし)の違いについて

Finance(財務・経営)
この記事は約1分で読めます。

融資(ゆうし)とは?

融資(ゆうし)とは、「お金を貸して資金を融通すること」をいいます。融資を受けるということは「借金」をするということになり、元本と利息の返済の義務が発生します。

銀行などから資金調達をする場合は、融資のケースが多いかと思います。

投資(とうし)とは?

投資(とうし)とは、「資金援助」のことです。将来的な利益を見込んで投資をしてもらいます。投資による資金調達は、投資を受けた資本金の返済義務がないという点が特徴です。

とはいえ、投資した方はリターンを期待してくださって投資しているので、将来的な利益を目指す責任があります。

出資(しゅっし)とは?

出資(しゅっし)とは、「金額に応じて株式を取得して利益から配当を受ける」ことができます。

まとめ

融資(ゆうし)・投資(とうし)・出資(しゅっし)はそれぞれ意味が異なっていますので、抑えておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました