会員登録(無料)
ログイン
スキルアップは今すぐこちら!▶

アクルーアルズ (Accruals/会計発生高) とは?

Finance(財務・経営)
この記事は約1分で読めます。

今回はアクルーアルズ(Accruals/会計発生高)とは?について。

アクルーアルズ (Accruals/会計発生高) とは?

アクルーアルズ(会計発生高)とは、決算上の利益と現金収支(キャッシュフロー)の差のことをいいます。

当期純利益のうちで営業活動によるキャッシュ・フローに裏付けられない部分を指します。

アクルーアルズ(会計発生高)の例

アクルーアルズ(会計発生高)は、当期純利益と営業活動によるキャッシュ・フローとの差です。つまり、下記の式で求めることができます。

アクルーアルズ(会計発生高)= 当期純利益 – 営業活動によるキャッシュフロー

当期純利益(収益と費用の差)の金額と、営業活動によるキャッシュフローの金額(営業活動による収入と支出の差)は必ずしも一致しないことから、このアクルーアルズという概念があります。

会計ルール上、売掛金でも収益として認識することから、この概念ができたと考えられます。費用と営業活動による現金支出は必ずしも一致しない…ということです。

まとめ

アクルーアルズ(会計発生高)とは、決算上の利益と現金収支(キャッシュフロー)の差のことをいいます。

ご参考ください😃

タイトルとURLをコピーしました