会員登録(無料)
ログイン
スキルアップは今すぐこちら!▶

 【貯蔵品(ちょぞうひん)とは?】勘定科目について|簿記3級

Boki(簿記)
この記事は約1分で読めます。

今回は資産の勘定科目「貯蔵品(ちょぞうひん)」について。

貯蔵品(ちょぞうひん)とは?

「貯蔵品(ちょぞうひん)」とは未使用の商品や在庫、商品券、仕入れた原材料を計上するための勘定科目です。

貯蔵品は資産(流動資産)の科目となります。

「貯蔵品」が増加したときは「借方」に記載します。

「貯蔵品」が減少したときは「貸方」に記載します。

貯蔵品(ちょぞうひん)の詳細

貯蔵品(ちょぞうひん)とは、切手、収入印紙、回数券、梱包資材など、事業のために所有する貯蔵物をいいます。

貯蔵品(ちょぞうひん)の仕訳例

期末時点で未使用の切手等が100,000円分残っていた。

借方科目金額貸方科目金額
貯蔵品100,000消耗品費100,000

前期末で計上した貯蔵品を費用に振替えた。

借方科目金額貸方科目金額
消耗品費100,000貯蔵品100,000
タイトルとURLをコピーしました