会員登録(無料)
ログイン
スキルアップは今すぐこちら!▶

 【支払手形(しはらいてがた)とは?】勘定科目について|簿記

Boki(簿記)
この記事は約1分で読めます。

今回は勘定科目「支払手形(しはらいてがた)」について見ていきます。

支払手形(しはらいてがた)とは?

「支払手形」とは、仕入先からの仕入れで発生した手形債務を計上する際に使われる勘定科目です。

支払手形は負債の科目となります。

「支払手形」が増加したときは「貸方」に記載します。

「支払手形」が減少したときは「借方」に記載します。

支払手形(しはらいてがた)の詳細

支払手形は、商品の仕入れやサービスの代金を今ではなく、未来の「支払期日に支払うことを約束」するためのものです。代金の支払いを済ませると手形債務は消滅します。

支払手形には「約束手形」「為替手形」の2種類があります。

約束手形…振出人・受取人の2社で資金のやり取りを行うための手形。

為替手形…振出人・受取人・名宛人の3社で資金のやり取りを行うための手形。

支払手形(しはらいてがた)の仕訳例

買掛金1,000,000円を手形を振り出して支払った。

借方科目金額貸方科目金額
買掛金1,000,000支払手形1,000,000

支払期日に当座預金から引き落としされた。

借方科目金額貸方科目金額
支払手形1,000,000当座預金1,000,000
タイトルとURLをコピーしました