スキルアップを始める

 【預り金(あずかりきん)】負債の勘定科目について|簿記3級

Boki(簿記)
メルマガ購読できます

簡単1ステップ!届いたメールの「フォローを確認」クリックでメルマガ登録!一緒にスキルアップを目指しましょう!

負債の勘定科目「預り金(あずかりきん)」について。

「預り金(あずかりきん)」とは?

「預り金(あずかりきん)」とは、「本来、従業員や取引先が支払うべき金銭を一時的に預かった」といった場合に使用する勘定科目です。

預り金は負債の科目となります。

「預り金」が増加したときは「貸方」に記載します。

「預り金」が減少したときは「借方」に記載します。

預り金(あずかりきん)の詳細

預り金の代表的なものとして、お給料から天引きされている源泉所得税があります。

所得税は本来従業員が支払う金銭ですが、一般的には会社で預かって会社から納付するので、その分は「預り金」として処理します。

[rml_read_more]

預り金(あずかりきん)の仕訳例

給与から源泉所得税ほかを差し引いて従業員の口座に振り込んだ。

借方科目金額貸方科目金額
給与300,000普通預金240,000
預り金60,000
Kindle Unlimited 会員は無料で購読できます
購読はこちら
Kindle Unlimited 会員は無料で購読できます
購読はこちら