会員登録(無料)
ログイン
スキルアップは今すぐこちら!▶

【ROA(総資産当期利益率)】の計算例|Return On Asset/財務会計用語

person in black suit jacket holding white tablet computer Finance(財務・経営)
この記事は約2分で読めます。

前回は「ROA/Return On Assets(総資産当期利益率)とは?」という話を書きましたが、今回は具体的なROAの計算方法についてご紹介していきます😃

ROA(総資産当期利益率)の計算方法

まずは、復習です。ROAの計算式は下記のようになっています。

ROA(%)=当期純利益÷総資産×100

総資産というのは、「現金」「売掛金」「棚卸資産」「有価証券」「受取手形」「機械設備」といった資産の全てです。

ROA(総資産当期利益率)の計算例1

総資産1,000万円、当期純利益100万円のA社の場合。

ROA=100万円÷1000万円×100=10(%)

上記の企業の場合、ROAは10%ということになります。

ROA(総資産当期利益率)の計算例2

記事の続きを読むにはログインをお願いします。あなたもEGUWEBでスキルアップを!

会員登録は無料です。Googleアカウントでもログインできます。
※会員登録することで利用規約個人情報保護方針に同意したものとみなします。

Googleアカウントで登録・ログイン


タイトルとURLをコピーしました