お問い合わせ
    氏名

    メールアドレス

    件名

    お問い合わせ内容



    会員登録(無料)
    ログイン
    スキルアップは今すぐこちら!▶

    【Macbook Air2017】PART2|タイムマシーンでバックアップ編|SSDを240GBから1TBに交換してみました!

    Mac(マック)
    この記事は約2分で読めます。

    ということで、前回「macOSの復元に失敗しました…」というお話からの続きです。

    SSDを直接ぶっさして、復元・・・という方法がどうにも上手くいかない(いくのかもしれませんが、私にはできなかった)ので、別の方法を試してみたいと思います。

    タイムマシーン( Time Machine )

    Time Machine で Mac をバックアップする

    Time Machine は、Mac に組み込まれているバックアップ機能です。この機能を使って、App、音楽、写真、メール、書類、システムファイルなど、すべてのファイルをバックアップすることができます。

    今回は、こちらのタイムマシーンを試してみたいと思います。

    今回調達したSSD

    Transcend Mac専用SSD 960GB アップグレードキット (Thunderbolt 対応ケース付)MacBook Pro/MacBook Air/Mac mini/Mac Pro 用 【NVMe 高速モデル】 TS960GJDM855

    環境設定>Time Machine

    まずは、Time Machineを開きます。

    バックアップ先の外付けSSDを指定します。
    今回は、復元先のSSDと別のSSDを指定しました。

    移行先のSSDと別のSSDを介してバックアップを試みます。

    ※消去をすると中身のデータは吹っ飛びますのでお気を付け下さい\(^o^)/

    あとは延々と待つだけ

    コーヒー飲んだり寝たりしていると、そのうちバックアップが完了しているはずです。

    データ量によっては、すこぶる時間が掛かります\(^o^)/

    「バックアップを暗号化」をチェックしてバックアップすると、さらに時間が掛かります。暗号化すれば、もしも外付けSSDを紛失した場合でも中身が見えなくなるので安心なのですが、さらにバックアップに時間が掛かります。

    タイムマシーンでバックアップする時は、2~3日はPCが使えない覚悟で\(^o^)/

    ※バックアップは差分を取るようなので、初回だけ時間が掛かるようです。2回目以降は初回より、すこぶる早いです。

    バックアップ作成完了!

    あとはSSDを入れ替えて、復元して・・・

    という流れになります。

    長くなりましたので、続きはまた。
    \(^o^)/

    0 件のコメント

    コメント
    タイトルとURLをコピーしました