お問い合わせ
    氏名

    メールアドレス

    件名

    お問い合わせ内容



    会員登録(無料)
    ログイン
    スキルアップは今すぐこちら!▶

    「AISAS(アイサス)」とは?消費者行動を分析するフレームワーク!インターネット時代のマーケティング戦略

    Marketing(マーケティング)
    この記事は約2分で読めます。

    AISAS(アイサス)とは?

    「Attention(注意)」「Interest(興味)」「Search(調査)」「Action(行動)」「Share(共有)」の頭文字をとった分析手法です。主にWEBマーケティングの分野で使われることが多い分析モデルとなっており、電通により提唱されています。

    Attention(注意)

    まずは「知ってもらう」という段階です。この段階では「とにかく知ってもらわないことには始まらない」という段階ですので、WEB広告やブログといったメディアをいかに活用できるかが勝負になります。

    Interest(興味)

    「興味を持ってもらった」段階です。先のAttentionから「これは面白そうだ」「ちょっと欲しいな…」という段階まで昇格した状態になっています。

    Search(検索)

    商品やサービスを「検索」している状態です。その商品が他と比較してどうなのか?を色々と調べている段階になっています。

    Action(行動)

    商品やサービスを「申込み」「購入」をした段階です。比較・検討した結果、このサービスが良いという結論になり、購入に至っている状態となっています。

    Share(共有)

    商品やサービスをSNSやブログで「shere(共有)」している状態です。体験したり使用した結果、消費者が他の多くの人にも知ってほしいと感じている状態です。よいShareが増えれば、消費者がどんどん拡散してくれる状態になっているので、事業はどんどん発展していくことになります。

    まとめ

    WEBマーケティング時代のビジネスモデル「AISUS(アイサス)」を上手く活用することで、消費者行動の理解が深まり、課題解決の一歩に近づくと思います。

    ぜひご参考ください😃

    さらにスキルアップしたいという方はこちらもどうぞ↓

    0 件のコメント

    コメント
    タイトルとURLをコピーしました