763万 キーワード

2021年 検索パフォーマンス

57.8万 ユーザー

2021年 訪問ユーザー数

WordPressのスキルアップはこちら!▶[click]

【オムニチャネル(Omnichannel)とは?】複数のチャネルを一元管理して相互連携することで事業を成長させる販売戦略

Marketing(マーケティング)
この記事は約2分で読めます。
スキルアップで未来を変える!!
情熱があれば【誰でも】挑戦できます!
ここからSTART↓

オムニチャネル(Omnichannel)とは?

「EC(通販)サイト」「自社サイト(オウンドメディア)」「小売店(実店舗)」「量販店(実店舗)」など、複数のチャネル(販売経路)を一元管理して販売戦略を立て、相互連携させることで、業績をアップさせ事業を成長させる戦略を「オムニチャネル(Omnichannel)」といいます。

オムニチャネル(Omnichannel)とは、複数の販売チャネルを活用する「マルチチャネル」販売の進化形で、リアルとネットの境界を融解する試みのこと。(ウィキペディア)

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%A0%E3%83%8B%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%8D%E3%83%AB

オムニ(Omni)とは?

オムニとは、ラテン語で「すべての」を意味する言葉。

マルチチャネルとの違い

「マルチチャネル」といえば一般的には「チャネルの数を増やして多角的に展開、経路を増やすこと」を言うかと思いますが、「オムニチャネル」は「作られた全てのチャネルを一元管理・相互連携させて売上に繋げる」という違いがあります。

「マルチチャネル」の進化系と言われるは、このためです。

「マルチチャネル」
「オムニチャネル」

ブランドのイメージを統合する

例えば「ブランドロゴ」を活用することで「ブランドのイメージを統合する」ことができます。なぜ企業やサービスでロゴが使われるのかというと、このオムニチャネルというものがあるかと思います。

ブランドイメージの統合

ブランドイメージの統合

情報の一貫性を図る

例えば「実店舗」で見た商品を調べる→ブログで商品情報をチェック→ECサイトで比較して購入する・・・という「情報の一貫性」により、商品が購入される確率を上げる、というのもオムニチャネル戦略のひとつです。

情報の一貫性を図る

まとめ

オムニチャネルを活用することで「販売機会のロスをなくす」「顧客の商品・サービスの認知を改善する」「ブランド・製品理解の向上をする」といったことができるようになります。

世の中の変化を考えると、WEBサービスやWEBメディアの活用は必須かと思います。ぜひ商品・サービスのオウンドメディアなども挑戦してみていただけますと幸いです。

Loading
「ワードプレスで未来を変える!」
【未経験挑戦可!】スキルアップしたい!WordPressに挑戦したい!何かに挑戦して人生を変えたい!!という方をお待ちしています↓↓
Marketing(マーケティング)
EGUWEB
タイトルとURLをコピーしました