会員登録(無料)
ログイン
スキルアップは今すぐこちら!▶

【CF7 Google Sheet Connector】WordPressのお問い合わせフォーム(Contact Form 7)をGoogleスプレッドシートと連携させる

WordPress(ワードプレス)
この記事は約3分で読めます。

WordPressのお問い合わせフォーム(Contact Form 7)をGoogleスプレッドシートと連携させたいと思った時に使える便利なプラグインが「CF7 Google Sheet Connector」です。

CF7 Google Sheet Connectorとは?

CF7 Google Sheet Connectorはワードプレスのプラグインのひとつで、Contact Form 7で送信されたデータをGoogleスプレッドシートと連携させてデータを連動させてくれる便利なプラグインです。

CF7 Google Sheet Connectorはアドオンプラグインであり、 WordPressベースのContactForm7フォームとGoogleSheetsの間の架け橋です。🚀最も人気のあるWordPressプラグイン。
訪問者がお問い合わせフォーム7フォームを介してウェブサイトにデータを送信すると、フォームの送信時にそのようなデータもGoogleスプレッドシートに送信されます。

https://ja.wordpress.org/plugins/cf7-google-sheets-connector/

では、さっそく使っていきます。

プラグインをインストールする

まずは、プラグインをインストールして有効化します。プラグインの検索ページから「CF7 Google Sheet Connector」を検索して有効化します。

有効化すると、Contact Form 7内に設定が追加されます。

Google Access Code

まずは、連動させるためのGoogle Access Codeを取得して設定します。

Get CodeからGoogleアカウントと連動させるためのCodeを取得します。

Googleアカウントを選択したら、認証コードが発行されますので、コピーします。

Contact Form 7 – Google Sheet IntegrationのGoogle Access Code部分に貼り付けしてSaveすると、Activateして起動します。

Google Sheetsと連携させる

次に、Googleシートと連携させたいお問い合わせフォームの編集画面を開くと、右の方に「Google Sheets」というタブが追加されています。

あとは、それぞれの内容を入力して設定します。

見出し行を設定する

次に、連携させたGoogleスプレッドシートの見出し行を設定します。

記事の続きを読むにはログインをお願いします。あなたもEGUWEBでスキルアップを!

会員登録は無料です。Googleアカウントでもログインできます。
※会員登録することで利用規約個人情報保護方針に同意したものとみなします。

Googleアカウントで登録・ログイン


タイトルとURLをコピーしました