会員登録(無料)
ログイン
スキルアップは今すぐこちら!▶

 【未収入金(みしゅうにゅうきん)】勘定科目について|簿記3級

Boki(簿記)
この記事は約1分で読めます。

今回は資産の勘定科目「未収入金(みしゅうにゅうきん)」についてご紹介します。

未収入金(みしゅうにゅうきん)とは?

「未収入金(みしゅうにゅうきん)」とは「営業活動以外の取引によって未回収となっている金額」を計上するための勘定科目です。

未収入金は資産の科目となります。

「未収入金」が増加したときは「借方」に記載します。

「未収入金」が減少したときは「貸方」に記載します。

未収入金(みしゅうにゅうきん)の詳細

未収入金は、通常の営業活動以外で得た債権を計上します。つまり「お金をもらえる権利を得る」ことになるので、資産の増加となります。

  • 固定資産の売却
  • 有価証券の売却
  • 不動産の貸付

通常の営業活動での代金を後に受け取る権利の場合は「売掛金」となります。

未収入金(みしゅうにゅうきん)の仕訳例

社用車を500,000円で売却した。代金は後日支払いしてもらうことになった。

借方科目金額貸方科目金額
未収入金500,000車両運搬具500,000

売却した社用車の支払いを受けた。

借方科目金額貸方科目金額
現金500,000未収入金500,000
タイトルとURLをコピーしました